心のブレーキ

 

こんにちは

パーソナルトレーナー&ピラティスインストラクターの宍戸です。

 

「思っていたよりも、実際やってみたらできちゃった」

こんな経験がありませんか?

 

最近わたしにもこの経験がありました。

今年の1月ある競技に出場したときの話です。

 

出場表に「○○の記録」をねらうかどうか、自己申告する欄がありました。

わたしは全然いかないと思って申告しなかったのですが、結果は記録を超えました。

 

なぜ「記録がいかない」と思ってしまったのでしょう?

 

それは

============================

過去の経験を中心に考えてしまったから

============================

です。

 

自分の可能性にもっと目を向けていたら、「記録をねらう」と申告してもよかったわけです。

 

でもそれをしなかったのは、過去の経験から、

「きっと記録いかないし、それなのに“記録をねらう“と申し込んだらはずかしい」

という気持ちがあったからだと思います。

 

野球のイチロー選手といえば、誰でも知っている名プレイヤーですよね。

しかし、イチロー選手でも、メジャーリーグの最高打率は「3割7分」なんです。

 

あのイチロー選手でも、6割以上は打てていないんです。

 

人は何かをやるときに、五分五分だったらやるかもしれませんが、

それ以上失敗すると思ったら、多くの人は“やらない”と思います。

 

でも、
=============================

やらなければ何も得られません

=============================

 

イチロー選手も、打席に立ち続けたから結果が出たのです。

 

過去の経験にばかり目を向けると、何かをはじめるとき【心のブレーキ】となります。

=============================

過去の経験よりも、自分の可能性に目を向ける

=============================

 

もちろん無謀なチャレンジは、やらないほうがよいですが、、、

自分が思っているより、できることはたくさんあります。

 

「できるかなどうかな」だけでなく、「きっとできない」と思っていることでも、実はできてしまうことはあるはずです。

 

わたし自身、今回の経験で実感しました。

 

もしも今気になっているけど、はじめようか迷っているなら、とりあえずスタートしてみませんか?

はじめなければ、得られるものは”ゼロ”です。

 

スタートをきることで、新しい自分を手に入れさらに可能性が広がっていきますよ(^ ^)

 

わたしも今回の経験で、今年チャレンジすることを決めました!

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

『カラダのゆがみを整えスタイルアップ』
体験レッスンはこちら↓ 
action

▲ページトップに戻る

 

#パーソナルトレーニング

 

 

Follow me!