知らぬ間にゆがみを生む原因

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナー&ピラティスインストラクターの宍戸です。

 

先日このような質問を受けました。

「財布をお尻のポケットに入れたまま
 座ってるんだけど、もしかしたら
 これってカラダゆがみますか?」

 

答えは”YES“です。

 

特に男性は、お尻のポケットに
財布を入れる方が多いと思います。

もしそのまま車の運転をしたら、
片側のお尻が高いまま
座り続けることになりますよね。

すると骨盤、さらには背骨や
頭の位置までが崩れて固定され、
ゆがみを生む原因となります。

 

それだけではありません。

やって欲しいのですが、
どちらかのお尻の下に手の平を
入れて座ってみてください。

 

片側の腰の筋肉がはってきませんか?
この状態をずっとキープしたら、
腰が痛くなりそうですよね?

ゆがみは、一部の筋肉への負担を
大きくし、腰痛や肩こりなど
カラダの不具合も生み出すのです。

 

===============================

普段何気なく使っているものが
カラダをゆがませる

================================

これに気づくことは非常に大切です。

 

先ほどは財布でしたが、
男女ともに気をつけて
欲しいのが【】です。

特によく履いている靴の
ソール部分には、
注意してください。

 

靴を裏返して見てみると、
外側が減っている方が多いと思います。

このような靴を使っていると、
いつも小指側が下がり、
足が崩れた状態となります。

 

足はカラダの土台

土台が崩れれば、脚のライン、
その上の骨盤や上半身も
一緒にゆがんでいきます。

 

また、
片側の靴の減りが大きかったら、
ゆがみはさらに大きくなります。

 

「座り方」
「立ち方」
「歩き方」

これらを注意している方は
多いと思います。

 

加えて、

「普段使っているものが、
 ゆがみを生み出していないか?」

これも注意してみてください。

 

まずは靴のチェックを
行ってみてくださいね!

最後までお読みいただき
ありがとうございました。

 

『カラダのゆがみを整えスタイルアップ』
体験レッスンはこちら↓ 
action

▲ページトップに戻る

 

 

#パーソナルトレーニング #ゆがみ #腰痛 #肩こり #O脚 #X脚

 

 

Follow me!