外もものハリにはストレッチ?マッサージ?

 

こんにちは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

先日お客さまから、
このような話をいただきました。

「この前教えてもらった○○、
 自分なりに△△を意識する
 ようにしたんですよ

 そうしたら外もものハリが
 だいぶ楽になりました!」

 

筋肉のハリがあると一番最初に
ストレッチやマッサージを
イメージすると思います。

もちろんその方法でも
ハリは改善されます。

 

ただし、
根本的な改善になっていない
場合が多々あるんです。

 

だから、

「ストレッチやマッサージ
 したときは楽になるのに、
 すぐにハッてくる」

といった方が多いんです。

 

では、筋肉がハルのは、
どうしてだと思いますか?

 

この質問をすると、

「筋力が弱いから」

という回答がよく返ってきます。

 

もちろん筋力が弱ければ、
負荷に耐えられず
筋肉が悲鳴をあげます。

でも、筋力以前の問題
の方が多いんです。

 

その問題とは、
====================
一部分に負荷をかけている
====================
ことです。

 

外ももがハル女性って多いですよね?

 

このような方は、内ももがうまく
使えていないことが大きな原因となっています。

内ももがうまく使えないと、
体重が外側にかかりやすくなります。

 

すると、その負荷を支えようと、
外ももが頑張るためハッてくるのです。

 

「クツの外側がすぐに減る」
「歩くと横に揺れる」

こういった方は危険性大です!

 

ではどうすればよいかというと、、、

====================
立っているとき、歩くとき、
内ももを上手く使って
体重が外に逃げないようにする
====================

これが外もものハリを
根本的に改善する方法となります。

 

ちなみに、内ももが使えない方は、
内ももがたるみやすくなります。

また、血流も悪くなり、
脚の冷えも起きやすくなります。
見た目にも、健康面でも、
マイナスですよね。

 

たるみが気になる
冷えに悩まされている

このような方も、
内ももをうまく使えるように、
トレーニングしていくことを
オススメします。

 

ただし、両脚で挟むような
内もものトレーニングだけでは、
ダメですよ。

さらに違ったトレーニングが必要です。

 

また、人によっては
内ももだけでなく、

股関節や足首を動かす筋肉も、
トレーニングが必要な場合があります。

 

こういったトレーニングは、
骨格から整えることもできるので、
美しい脚のライン』を
手に入れることもできます。

 

「わたしの脚は大丈夫?」
という方はご連絡ください。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

『カラダのゆがみを整えスタイルアップ』
体験レッスンはこちら↓ 
action

▲ページトップに戻る

Follow me!