子どもたちからの学び

 

 

 

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

今回も先週行なった、
ワークショップについての
お話をしていきます。

 

実はワークショップで、
急遽お子さん向けのレッスン
行うことになったんです。

 

わたしのお客さまは皆大人の方ですし、
今まで中学生までにしか指導したことが
なかったので、はじめての体験でした。

 

参加してくれたのは、
小学1~3年生の4名。

 

大人との大きな違いは、
はっきり態度と言葉で伝えて
くれる点でした。

 

ちょっと難しい話をすると、
すぐに「分からない」といってくれるし、

できない動きには、
「急に関心を失う」子もいました。

 

しかも、説明は短く分かり易く
しないと伝わらない。

 

今回のテーマは、

普段やらない色々な動きを体験し、
 動きが変わるのを実感してもらう

といったものでした。

 

でもこれをそのまま伝えたら
伝わらないので、

「みなさん○○になってください」

「ゲームです、
 △△できるかやってみましょう!」

 

といった風に、

=========================
興味をなるべく引くように伝える
=========================
ようにしていきました。

 

これって非常に大切だと思うんです。

 

興味がないことって、
耳に入ってきませんよね。

 

わたしたちとトレーナーは
知識があるせいで、
相手の興味がないことまで、
話しすぎている場合が多いと思います。

でも、大人の場合は空気を読んで、
話を聞いてくれる(聞いてるふり?)。

 

しかし実際は、
言葉は相手には届いていない。

 

相手に言葉を届けるには、
興味ポイントが何かを聴きだし、
そのポイントからズレていないかを
いつもチェックする必要があります。

 

わたし自身、
お子さんのレッスンを通して、
今までできていたのかなと
ちょっと反省しました。

 

話はレッスンに戻り、
実は今回裏テーマがありました。

それは

運動を楽しんでもらい、
 最後は笑顔で帰ってもらう

だったんです。

 

そのため最後は遊びの要素の
強いエクササイズを行いました。

 

みんな「キャッキャ」いいながら
楽しんでくれて、
見ている方も笑顔になりましたね(^^)

 

 

小学生のお子さんのレッスンは
はじめてでしたが、
いろいろと学びとなりました。

 

この経験を大人へのレッスンにも
活かしていきたいです!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

骨格エクササイズで
健康的な引き締まったカラダつくり

体験レッスンはこちら↓ action

 

 

▲ページトップに戻る

 

 

 

 

 

 

 

 

Follow me!

    子どもたちからの学び” に対して1件のコメントがあります。

    この投稿はコメントできません。