骨盤のゆがみには3(実践編)

 

 

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。
今回は、
骨盤のゆがみ対策 実践編
についてお話します。

 

前回、ゆがみを根本的に改善するには
3つのステップが必要だとお伝えしました。

 

3つのステップとは、、

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
◆ステップ1
『ゆがみを整える』

◆ステップ2
『インナーマッスルを目覚めさせる』

◆ステップ3
『良い状態で動けるようにする』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

でしたね。

 

このステップの中で、
ゆがみ改善法のほとんどが
1で終わっていて、
2と3が抜けています。

 

そのため一時的に改善できても、
その状態をキープできず
すぐに崩れてしまいます

 

根本的な改善のためには、
ステップ2と3が必要なのです。

 

では具体的にどうするのか
お伝えします。

 

まずステップ2ですが、
骨盤を良い状態にキープする
インナーマッスルを目覚めさせて
いきます。

 

骨盤は骨が3つ
組み合わさっています。

左右の寛骨と真ん中の仙骨です

 

寛骨と仙骨の合せ目を
仙腸関節というのですが、
この部分をキープする筋肉が
ポイントとなります。

 

メインとなるのは、
お腹と腰の奥の筋肉です。

 

骨盤が崩れている方は、
これらの筋肉(=インナーマッスル)が
はたらきづらくなっています。

そのため、
きちんとはたらくように
エクササイズで目覚めさせて
いきます。

 

エクササイズはいろいろありますが、
今回はお腹の奥の筋肉を刺激する
やり方を紹介します。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.両膝を立てて寝て、
 腰の下に手の平が入るくらいの
 空間を開ける

2.この空間をキープしたまま、
口を少し小さくして息を吐く

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

吐ききるくらいでおへその横から下に
力が入る感じがあると思います。

これがお腹の奥の筋肉が使われた感覚です。

 

最初は力を入れようと思うと、
上半身が丸まり表面の大きな筋肉ばかり
力が入ってしまうと思います。

力がはいる場合は、カラダを丸めず
腰の空間をキープするようにして
みてくださいね。

 

もう1つ腰の奥の筋肉は、
うつぶせになって腰の付け根を
しめるようにしていきます。

この筋肉は、
骨盤をよい状態にキープする
ために特に重要となります。

 

ただし、やや難しいため、
違うところに力が入ることが多い
エクササイズなのです。

 

間違ったやり方だと
むしろ逆効果になる場合もあるので、
ここでは紹介しないでおきますね。

 

次のステップ3は
長くなったので次回お伝えします。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで健康的な
引き締まったカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

Follow me!