骨盤のゆがみには4(実践編)

 

 

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

今回も
骨盤のゆがみ対策 実践編
についてお話します。

 

前回は、
ステップ2についてお話しました。

 

ステップ2とは、
インナーマッスルを目覚めさせる
でしたね。

 

骨盤を良い状態にキープする
インナーマッスルのメインは、
お腹と腰の奥の筋肉です。

これらの筋肉がきちんとはたらくように
エクササイズで目覚めさせていきます。

 

ステップ2で筋肉が目覚めたら、
次はステップ3
良い状態で動けるようにする
です。

 

整えて良い状態をキープできても、
それは止まっているときだけで、
動いたら崩れてしまう”ことが
実は多いのです。

 

そのため、スッテップ2で
目覚めさせた筋肉を使いながら、
動いても崩れないように
エクササイズしていくことが、
必要となります。

 

オススメはピラティス

 

ピラティスのエクササイズは、
正しいポジションをキープしながら
手脚を大きく動かすものが特に多いので、
ステップ3には持ってこいなんです。

 

ただしこれだけでは不充分です。

 

ピラティスのエクササイズは、
寝た状態のものが多いので、
寝てできるようになったら、

次は立った状態でも、
良いポジションをキープしながら
エクササイズを行なっていきます。

 

たとえばスクワット。

 

一見正しいフォームに見えても、
実は動きに左右差があり、
骨盤にねじれがおきていることが
多いのです。

 

昨日トレーニングを行なったお客さまも、

「○○さん、右が若干ズレています
  ここれが正しいポジションです」

というと

「えーこれが正しい位置なんですか?」

と驚かれていました。

 

スッテップ3で、
寝た状態”⇒“立った状態”と
段階を追ってエクササイズすることで、

日常生活”でも良い状態で動けるように
していきます。

 

 

パーソナルトレーニングといえば、
「筋肉をつける」「脂肪を減らす」
ことがメインですよね。

 

しかし、
わたしのパーソナルトレーニングでは、
骨格ラインからのカラダつくりをメイン
としています。

 

「なぜ骨格ラインからの
 カラダつくりなのか?」

 

理由は、

「筋肉をつける」
「脂肪を減らす」と同時に、
ボディラインの土台となる
骨格ラインを整えることで、

根本的なボディメイク、
効果的なスタイルアップ
可能となるからです。

 

いくらヒップアップのトレーニングを
がんばっても、骨盤が崩れていたら
ヒップラインは良くなりませんからね。

 

また、骨格ラインの崩れは、
痛みや違和感を生み出します。

そのため痛みや違和感対策にも
骨格ラインから整えることは
効果的なのです。

 

カラダの土台である骨格ラインからの
ボディメイクで、引き締まったカラダ
痛みや違和感のない健康的なカラダ
をつくるのが、わたしのパーソナル
トレーニングです。

 

骨格ラインを整える
パーソナルトレーニングに、
興味がある方は
以下をご覧くださいね(^^)

http://rconditioning.com/

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

 

Follow me!