内ももを引き締めるには

 

 

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

 

「内もものたるみが気になる」
方ってが特に女性に多いですよね。

 

また、内もものたるみだけでなく、
同時に外もものハリも気になって
いたりします。

 

内もものたるみと外もものハリは、
一見別ものに見えるかもしれませんが、
実は関係があったりします。

 

内ももの筋肉がうまく使えないと、
立っているときや歩くときに、
体重が外側にかかりやすくなります。

 

すると体重を外ももが
がんばって支えるので
疲れてハリがおきてきます。

 

しかも、がんばった筋肉は太くなるので、
立派な外ももができあがってしまうのです。

 

知らないうちに筋トレしていて、
しかもついてほしくないところに
筋肉がついたらイヤですよね。

 

ではどうすればいいのか?

 

==================
日常生活で内ももを
しっかり使えるようにする
==================

これが内もものたるみをとり、
外もものハリや筋肉太りを
改善する方法となります。

 

具体的には内ももの筋肉は
脚ではさむ動作でよく使われます。

 

なので、脚ではさむようなエクササイズを行うと
使いづらい筋肉を目覚めさせることができます。

 

ただし、これだけでは
日常生活で使えるようにはなりません。

 

内ももの筋肉は、
はさむ以外の動きでも使われます。

 

この特徴を活かし次のステップでは、
はさむ以外のエクササイズ
内ももを使っていくことが必要です。

 

歩くときに脚ではさんでいたら、
変な歩き方になりますからね。

 

ステップアップしながら、
日常生活でも使えるようにすることが、

内ももを効果的に引き締め、
きれいな脚のラインをつくる
ことにつながります!

 

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで健康的な
引き締まったカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!