巻き肩にご注意!

 

 

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

”巻き肩”ってご存知ですか?

 

巻き肩とは、肩が前に入っている
(内に巻いている)状態のことです。

 

スマホを長時間使っている方に多いことから、
『スマホ肩』『スマホ巻き肩』なんて
呼ばれることもあります。

 

ただしスマホだけじゃありません。

 

パソコンを長時間使っている
デスクワーカーも巻き肩になりやすいのです。

 

ではどうして巻き肩になるのでしょうか?

 

巻き肩といわれますが、
実際にズレているは二の腕です。

 

二の腕(上腕骨)が内に巻かれ、
前に移動した状態になっているのが巻き肩です。

 

人間のカラダには、ある部分が動くと
他も一緒に連動して動く性質があります。

 

ちょっとやってみて欲しいのですが、
手の平をカラダの前に持ってきてください。

 

肩はどうなりましたか?

 

おそらく前に入った状態に
なっていると思います。

肩だけが目立ちますが、
二の腕も内に巻かれた状態
になっています。

 

これが巻き肩の状態です。

 

ところでこの形って
スマホを使っているときに
似ていませんか?

 

そうなんです、スマホのように
カラダの前で手を使う形になると、
巻き肩の状態になるのです。

 

スマホだけでなく、パソコンも
同じような形になりますよね。

 

人間のカラダは形状記憶機能があるので、
巻き肩の形をずっとキープしていると、
筋肉は長さを変えてその状態を
維持するように変化していきます。

 

なので、スマホだけでなく、
デスクワークで長時間パソコンを
使っている方も巻き肩になりやすいのです。

 

巻き肩になると、肩こりや頭痛などを
引き起こしやすくなります。

 

今の日本では、かなりの人が
スマホやパソコンを長時間使っていますし、

それと同時に、肩こりなどの不調を
うったえる人が増えています。

 

巻き肩が現代病といわれるのも
うなづけますよね。

 

ではどうすればいいのか?

 

対策を理解するためには、
巻き肩の“ある特徴”を知る
必要があります。

 

詳しくは次回。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで健康的な
引き締まったカラダつくり』
⇒ http://rconditioning.com/

#巻き肩
#スマホ肩
#パーソナルトレーニング

 

Follow me!