巻き肩の改善には

 

 

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

今回は”巻き肩”を改善する
具体的な方法をお伝えします。

 

その前に復習です。

 

前回、

「巻き肩の方は、
 猫背になっていることも多いので、
 一緒に対策していく必要があります」

とお話しました。

 

巻き肩だけどうになしようとしても
改善することは難しいので、
猫背も対策してくださいね。

 

アプローチとしては、

猫背』⇒『巻き肩

の順番がオススメです!

 

まずカラダの軸である
背骨のポジションを整え、
猫背にアプローチします。

 

その後、腕の位置を整え、
巻き肩にアプローチします。

 

これが効果的な改善法のながれです。

 

今回はファーストステップとして
座ってできるエクササイズを紹介します。

 

是非やってみてくださいね(^^)

 

~~~~~~~~~~~~~~

1.イスに座り腰を伸ばす
  (骨盤を立てる)

2.鎖骨を真上に持ち上げ
  背骨を伸ばす
 ※腰がきつくないくらい

3.軽くアゴを下げ、
  首の後ろを伸ばす
 ※アゴは引かないように注意

4.手首を軽く反らせ
  床を押すイメージで
  カラダの横で腕を伸ばす
 (手のひらは床を向く)

5.腕を外回しさせ
  お尻側に少し持っていく
  (指先は後ろを向く)
  ※肩が上がらないように注意 

~~~~~~~~~~~~~~~

 

ペンギンみたいな形になりますね。

 

この形を呼吸を続けながら、
30秒ほどキープしてください。

 

思い出したらやる”くらい、
こまめに行なっていただくと効果的です!

 

ちなみに1~3は猫背、
4~5は巻き肩の改善法になります。

 

ただし、人によってはこれだけでは
改善しない場合があります。

 

どんなときかというと、、、

長年のカラダの崩れで、
猫背や巻き肩が強く定着して
しまっているときです

 

この場合、
筋肉のバランスが崩れているので、
その他のエクササイズで改善する
必要があります。

 

ちなみに、
カラダの崩れは人それぞれで、
どんなエクササイズがよいかは
人によって異なります。

 

そのためここでは紹介しないでおきますね。

 

前回もお話しましたが、
巻き肩や猫背が定着される前に、
手を打っておくことが一番です。

 

まずは、今回紹介したエクササイズを、
こまめに行なってみてください!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで健康的な
引き締まったカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

Follow me!

    前の記事

    巻き肩と猫背の関係

    次の記事

    スマホ首・首猫背