パーソナルトレーニングと自己○○3

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

前回、

「自己マネージメントは、

“ 最適なルールつくり ”
“ ルールにしたがって
  自分をコントロールすること ”

 の2つに分けられる」

 

「ルールがズレていたら、
 自分をいくらコントロールしても
 目標は達成できないので、
 ルールつくリが特に重要です」

とお話しました。

 

たとえばやせたい方が、

「ケーキは1日1回食べてOK」

というルール持っていたら
いつまでもやせられませんよね。

 

最適なルールをつくることが
目標達成には必要なのです。

 

ではどうやって
最適なルールをつくるのか?

 

ルールつくりには
大切なポイント”があります。

 

次の3つのポイントを
参考にしてください。

 

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.代替え案

2.バッファ

3.マイナーチェンジ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

詳しく説明していきます。

 

◆『 代替え案

代替え案は、
例外があったときに通常とは別の方法を
あらかじめ
準備しておくことです。

 

たとえばダイエット中に、
食事に誘われたとします。

 

食事の席で断るわけにもいかず、
ルールで決めた食事がとれなかったし
量的にも食べ過ぎてしまった、、、

 

このようなとき、

『翌日の食事を○○にする』

と代替え案を準備していれば、
問題なくダイエットをすすめる
ことができますよね。

 

ルールを決めやることを計画しても、
うまくいかないとイヤになってしまう
ことってありませんか?

 

ただし、

=========================
計画しても思うようにいかない
ことは必ずでてきます
=========================

 

このような例外をあらかじめ想定し、
代替え案を準備しておくことが、
途中で挫折しないためには重要なんです。

 

できれば1つだけでなく、
いくつかの代替え案があると
さらに効果的です!

 

 

◆『 バッファ

 

バッファという言葉を聞いたことが
ないかもしれませんが、辞書的には
「緩衝材」「緩衝器」「緩和物」
といった意味があります。

 

ただしここでは、
あそび」「ゆとり」「よゆう
という意味で考えてください。

 

車のブレーキに“ あそび “って
ありますよね。

 

ブレーキを踏んでも
すぐに反応するわけではなく、
ほんの少し反応しない部分があります。

 

これがあそびです。

 

このあそびがないと急に止まるので、
コントロールが難しくなります。

 

これは自己コントロールも一緒で、
ルールにあそびがないと、
コントロールが難しくなってしまいます。

 

たとえばカラダつくりのために
『運動を毎日やる』と決めたとしても、
仕事が忙しいときなどは疲労もピークで、
やるのがきついこともあると思います。

そこを根性で乗り切る、、、。

 

一見、目標達成のためには
正しいように思えるかもしれませんが、
実はマイナスにはたらくことのほうが
多いのです。

 

何がマイナスかというと、
肉体的・精神的にオーバーワークに
なってしまうことです。

 

運動は回復とのバランスがとれて、
はじめて効果が得られます。

 

疲労がピークなのは、
回復が上手くいっていない状態で、
バランスがとれていません。

 

この状態でさらに運動しても、
バランスの崩れを大きくし、

効果が得られないだけでなく、
最悪 体調を崩すことにもつながります。

 

また、あそびがない状態を
根性でなんとか乗り切ろうと思っても
精神的にきつくなり途中で挫折してしまう
可能性が高くなります。

 

あそび(バッファ)を持つことで、
精神的にも余裕ができ続けることができるのです。

 

=========================
肉体的・精神的オーバーワークを防ぐためにも、
ルールに幅をもたせバッファをつくることが重要
=========================
です。

 

ただしここで注意していただきたいのが、
幅をもたせすぎないことです。

 

たとえば先ほどのブレーキ。

 

あそびが大きすぎたら逆に
コントロールが難しくないですか?

 

ブレーキを踏んでも
なかなか止まらない、、、

 

コントロールが難しいし、
” 止まる “という結果を
なかなか得られず危ないですよね。

 

これは自己コントロールも同じ。

 

週0~5回運動すると決めた方が、
あそびが大切と0回ばかり選んでいたら、
いつまでたってもカラダは変わりませんよね。

 

ルールに幅がありすぎると、
自己コントロールが難しくなり、
結果がなかなか得られなくなります。

 

=========================
幅をもたせバッファをつくるときは、
きつくなりすぎず、あまくなりすぎず
=========================
がポイントです。

 

では最後のマイナーチェンジですが、
長くなったので別な機会にお話します。

 

次回からは『自己コントロール』
についてお話します。

 

自己コントロールって、
“自己管理”のイメージが強く、
同時にあまり良い印象がない方が
多いと思います。

 

そのような方は
ぜひ新しい視点を持ってください。

 

視点を変えることで
自己コントロールしやすくなります。

 

詳しくは次回!

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

Follow me!