パーソナルトレーニングと自己○○4

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

前回は、
自己マネージメントのための
最適なルールつくりのポイント
についてお話しました。

※詳しくは前回の記事をご覧ください

 

最適なルールをつくったら次は行動です。

 

最高のルールをつくっても、
行動しなくてはいつまでも今のままです。

ルールに従って行動することで、
はじめて目標に近づくことができます。

 

ただし行動するには、
自己コントロールが必要です。

 

今回は『自己コントロール
についてお話していきます。

 

ところで自己コントロールって、
自己管理”のイメージが強くないですか?

 

しかも“自己管理”と聞くと
「苦手」「難しい」「できない」「きつい」
といった言葉も頭に浮かぶかもしれません。

 

程度はあるにせよ、
良い印象を持っていない方が
多いと思います。

 

そのような方は、
今日から視点を変えてください。

 

=====================
自己管理⇒最適化
=====================

この視点を持ってください。

 

自己マネージメントのために、
自己コントロールするのはなぜですか?

 

それは
目標に向かって行動するため
ですよね。

 

======================
自分が求める未来に向かって
行動を最適化すること
======================

これが自己コントロールなのです。

 

自分をコントロールし、
ルールにしたがって行動したら

「目標に近づいている!」

と考えてください。

 

たとえ小さなステップだとしても、
一歩づつ目標に近づいています。

 

======================
行動自体に目を向けるのではなく、
その先にある未来に目を向ける
======================

これがポイントです。

 

目標を達成した状態をイメージすると、
ワクワクしませんか?

 

そんなワクワクが行動の先にはあるのです。

 

カラダつくりのために
トレーニングを実践し食事に気をつけていると、

「なんでこんなことしてるんだろう、
もうやめたい、、、」

という気持ちになることもあると思います。

(わたし自身もありました)

 

そんなときは目標達成した自分を
思い描いてください。

 

======================
根性でこなすではなく、
ワクワク感を持って行う
======================

行き詰まりそうになったら
ぜひ思い出してくださいね。

 

最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

Follow me!