ダイエットで失敗する理由3

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

前回は、

ダイエットのためのルールをつくるとき、
“自分の思いとおりにいく”という視点で
 つくっている場合がかなり多い

 しかし実際は、思い通りにいかない
 ことが必ず出てくる

 そのため、
 最初はダイエットがうまくすすんでいても、
 邪魔が入る状況をあらかじめ想定していないと、
 イヤになって途中でやめてしまうことに、、、

とお話しました。

 

途中で挫折しないためにも、
ルールつくりは非常に大切です!

 

最適なルールをつくるには
以下の3つのポイントがあります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

1.代替え案

2.バッファ

3.マイナーチェンジ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

今回は2の『バッファ』とダイエット
についてお話しします。

 

バッファとは、本来「緩衝材」という
意味がありますが、

ここでは“あそび”という意味で
使っていきます。

 

ルールをつくるとき“あそび”がないと
非常に窮屈になってしまいます。

 

たとえば、ダイエットのために
バランスのよい食事をとるため

『毎食
ご飯などの炭水化物系は○○g、
お肉などのタンパク質系は○○g
サラダなどの野菜系は○○g』

というルールをつくったとします。

 

でもこのルール守るのって、
結構大変じゃないですか?

 

たとえば

「ラーメンを食べに誘われた」
「飲み会に誘われた」
「忙しくておにぎりしか摂れなかった」

こういった状況になると、
ルールを破らないといけませんよね。

 

でも毎食ではなく1日なら
できそうな気がしませんか?

 

1回の食事で摂りすぎたり
逆に足りなくても、
次の食事で調整できますよね。

 

さらに3日間の合計なら
もっとできそうな気がしませんか?

 

このように
============================
ルールに”あそび”を持たせることで
余裕がうまれ取り組みやすくなる
============================
のです。

 

「毎回○○g」と考えると大変ですが、
「3日の合計で」といわれたら、
精神的にもかなり楽になりますよね。

 

ただし、あそびをもたせるときには
注意が必要です。

 

それは、
==========================
“あそび“を大きくとりすぎない
==========================
ことです。

 

あそびが大きすぎると、
効果が半減してしまいます。

 

たとえば、

「2週間の合計で
食事のバランスをとっています」

といわれたら、
バランスとれているのですか?
と思いますよね。

 

正直、2週間では長すぎて
バランスはとれていませんよね。

 

あそびが大きすぎると
効果が非常に低くなるか、
得られなくなってしまうのです。

 

==========================
窮屈になりすぎず効果も失わない
“あそび”がポイント
==========================
となります。

 

ダイエットをはじめても続かなかった方、
今までどうやっていましたか?

もう一度振り返ってみてください。

 

 

次回は3の『マイナーチェンジ』
とダイエットについてお話します。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!