ダイエットで失敗する理由8

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

今回も『ダイエットと習慣』についてです。

 

前回は、

「習慣を変えるには、
 まずは不必要な習慣に気づき壊す」

 
「壊すポイントは“気づくこと”で
 深い部分で気づき納得するには、
 自分自身との対話が必要」

とお話しました。

 

今回は『自分自身との対話
について掘り下げていきます。

 

まず自分自身との対話を2つに分けます。

 

1つ目が“ココロ

2つ目が“カラダ”です。

 

 

ココロとの対話

 

1つ目のココロとの対話は、
自分がどう考え、どう感じているのか
掘り下げていくことです。

 

「やせたい」と思ったとしても、
これは表面的な目的であり、

その奥には
どうしてやせたいのか?
本当の想い”がかくされています。

 

ここで質問です。

「やせたいと思ったら、
 次にどんな行動をとりますか?」

 

おそらく

「何かいい方法はないかしら?」

と、ダイエット法を探すのでは
ないでしょうか。

 

実はそこに落とし穴があります。

 

「何をやるのか?」ではなく「誰がやるのか?」

 

当たり前に聞こえるかもしれませんが、
やるのは“あなた自身”ですよね。

 

でもほとんどの方は、
“誰が“の前に“何を”を優先
してしまっています。

 

テレビや雑誌で、

「○○エクササイズがよい!」
「△△を食べるとダイエットに効果的!」

と紹介されればすぐにやってみる。

 

これでは習慣は変わりません。

 

大切なので繰り返しますが、

習慣を変えるためには、
頭だけで理解していてもダメで、
もっと深い部分で気づき
納得することが必要です。

 

その最初のステップとして重要なのが、

================================
「誰が」にフォーカスを当て
「どうして?」を掘り下げていくこと
================================

です。

 

わたしのパーソナルトレーニングでは、
初回に体験レッスンを受けていただき、
最初にお話をうかがう時間をとっています。

 

このときに「どうして?」の部分を
一緒に掘り下げていきます。

 

「やりたいと思った理由は?」

「きっかけは?」

「どんなカラダになりたいのか?」

「そう思った理由は?」

「いままでどんなことをやってきたのか?」

 

など、人によって内容は異なりますが、
質問に答えていただくことで
自分自身を振り返ってもらっています。

 

ポイントは“質問”です。

 

“何をやるのか”を探す前に、
“どうして?”と自分に問いかけることで、
心の奥にある『本当の想い』が見えてきます。

 

すると、何が必要で何が要らないかが
深い部分で理解できるようになります。

 

自分のココロとの対話、
ぜひやってみてくださいね(^ ^)

 

次回は『カラダとの対話』
についてお話します。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

Follow me!