ダイエットで失敗する理由9

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

今回も『ダイエットと習慣』についてです。

 

習慣を変えるには、
まずは要らない習慣を壊すことです。

 

ただし、
要らない古い習慣を壊すには、
表面上ではなくもっと深い部分の
気づきが必要となります。

 

具体的には、
“自分自身との対話”によって、
深い部分で気づき納得すること
ができます。

 

前回はこの対話を2つに分け、
1つ目の『ココロとの対話
についてお話ししました

 

今回は2つ目の
カラダとの対話』です。

 

 

◆カラダとの対話

 

カラダとの対話とは。
カラダの声(サイン)”に
耳を傾けることです。

 

たとえばケガをすると
“痛み”がでますよね?

 

痛みは悪いものと思われがちですが、
実はとって大切なものなんです。

 

痛みとは、

「この部分が壊れているので
 治したいから動かさないでね」

というカラダの声。

 

もしこの声を無視したら
どうなりますか?

 

治りが遅くなるだけでなく、
悪化する場合もありますよね。

 

実はダイエットでも、
カラダの声を聴くのが非常に重要

 

以前こんなお話をしました。

 

「ダイエットのゴールはやせることではなく、
 今よりもやせやすいカラダをつくり、
 目標の体型を維持する習慣を身につけること」

 

 

この

====================
やせやすいカラダをつくり
キープする習慣を身につける
====================

ためにはカラダの声が鍵となります。

 

ところで“やせやすいカラダ”というと、

「筋肉をつけて(増やして)
 基礎代謝を上げましょう!」

というのが一般的な答えですよね。

 

でも基礎代謝を上げる方法、
高く保つ方法はこれだけじゃないんです。

 

実は基礎代謝のうち筋肉は40%ぐらいで
残りの60%は別な部分が関係しています。

 

この60%の部分にアプローチするには、
カラダの声に耳を傾けることが必要なんです。

 

しかし、多くの方はカラダの声を無視して、
ダイエットに取り組んでいます。

 

「ダイエットには△△が効果的」
「やせるには○○をとることが大切」

 

この部分にフォーカスしてしまうと、
頭だけで考えてしまい
カラダの声を忘れてしまいます。

 

ダイエットのための食事法ひとつとっても、
ただの目安に過ぎません。

 

人によってどのくらいとったほうがよいのか、
またはとらないほうがよいのかは異なります。

 

カラダの声を聴くことで、
自分にあった方法をみつけることができ、
自然と習慣化につながっていきます。

 

では、カラダの声を聴くとは
具体的にはどうすればよいのか?

 

カラダの声(サイン)はたくさんありますが、
ダイエットの場合はその中から
9~12のサインをピックアップし使っていきます。

 

次回はこの中から、
特に“重要なサイン”をご紹介します。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!