ダイエットで失敗する理由11

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

前回は“カラダとの対話”として
『お腹の感覚』についてお話ししました。

お腹の感覚を無視すると
以下のながれになります。

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

お腹の感覚を無視して食べる
 ↓
食べ過ぎる
 ↓
内臓に負担
 ↓
基礎代謝が落ちる
 ↓
同じ食事でも太る

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

同じ食事で太るってイヤじゃないですか?

 

こんなふうにならないためには、

お腹があまり空いていない
お腹がペコペコ

この2つに注意が必要です。

 

今回は2つ目の「お腹がペコペコ
についてお話しします。

 

食事のときにお腹がペコペコなら
問題ないように感じませんか?

 

答えは“NO”なんです。

 

お腹がペコペコ(=強い空腹感)だと
2つの問題がでてきます。

 

1つ目の問題は“食べ過ぎ”です。

 

強い空腹感があると、
ついつい食べ過ぎることが
多くなります。

 

これはカラダからみても
当然のながれで、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

エネルギーが不足する
 ↓
カラダが危機を感じる
 ↓
食欲を増加させる(強い空腹感)
 ↓
いつもより多く食べる

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

このようになります。

 

怖いのは“知らないうちに”ってところです。

 

気づかないうちに食べ過ぎていると、
だんだん感覚がマヒしてきて
食べ過ぎくらいじゃないと満足しない
ようになってしまいます。

 

「あやしいかも、、、」
という方はご注意くださいね。

 

 

では2つ目の問題です。

2つ目は“基礎代謝が下がる”です。

 

先ほどのながれの中で、

エネルギー不足” ⇒ “カラダが危機を感じる

というのがありましたよね。

 

カラダは危機を感じると、
なるべくエネルギーを使わないようにします。

 

エネルギーとは第一に
生きるため”に使われるものです。

 

そのため、カラダは危機を感じると、
生命維持のための防衛反応として、
なるべくエネルギーを使わないようにします。

 

具体的には、
カラダの機能を低下させ、
基礎代謝を下げていきます。

 

さらにエネルギー不足が長びくと
筋肉を壊しエネルギーに変えていきます

 

なので食べないでやせると
短期間で体重は減りますが、

脂肪より
 筋肉のほうが減っていた、、、

なんてこともあるわけです。

 

(ちなみに炭水化物を
大幅にカットする方法も
食べないダイエットですからね!)

 

 

以上のように「お腹がペコペコ」だと、

・食欲が増し食べ過ぎてしまう
(=摂取カロリーが増える

・カラダの防衛反応で基礎代謝が下がる
(=消費カロリーが減る

このダブルパンチで太りやすくなるんです。

 

ではどうすればいいのか?

 

ここでキーとなるのが『お腹の感覚』です。

 

多くの方が「○○がよい」といった
外からの情報”を頭で判断し実行しています。

 

でも、お腹の感覚のような
カラダの“内からの情報”を無視すると
自分の中でミスマッチが起きてきます。

 

ミスマッチを防ぎ、
強い空腹感を対処するには、、、

詳しくは次回お伝えします。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

 

Follow me!