ダイエットで失敗する理由12

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

前回はお腹がペコペコ(=強い空腹感)
でおきる2つの問題についてお話しました。

 

2つの問題とは
食べ過ぎる”と“基礎代謝が下がる
でしたね。

 

今回は『お腹の感覚』を使って
この問題を対処する方法をお伝えします。

 

まず1つ目の“食べ過ぎる”ですが、
これを対処するにはお腹の感覚として
お腹の重さ』を使っていきます。

 

たとえばお昼に強い空腹感で
食べたとします。

 

次の夕食でもしも
「お腹が重くて減っていない」
という場合は食べ過ぎです。

 

ふつうに夕食を食べると
さらに食べ過ぎになります。

 

夕食を減らして調整しましょう。

 

 

次に2つ目“基礎代謝が下がる”ですが、
これには『空腹感』を使っていきます。

 

食事の前にお腹が減るようだったら、
間食であらかじめエネルギーを補給しましょう。

 

特に食事の間隔が6時間以上空く場合
間食をオススメします。

 

何をとったらいいかは、
次の食事までどのくらいあるかで
変わってきます。

 

たとえば、
小さなおにぎりの場合もあるし、
飲み物の場合もあります。

 

また、間食をとる場合は、
次の食事で調整します。

 

「間食とって大丈夫?」

と思ったかもしれませんが、
1日トータルで同じなら太りません。

 

ここまで読んで何か気がつきましたか?

 

実は2つとも同じながれになっているんです。

 

ダイエットって
自分をコントロールすることが
絶対必要ですよね。

 

先ほど使っていたながれ(思考法)を身につけると、
自己コントロール力を高められるのです。

 

どんな“ながれ”が隠されているのか?

 

次回まで考えておいてくださいね(^^)

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!