太りやすくなる動き?

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

今回は『動き』をキーワードに
快適なカラダを掘り下げていきます。

 

=====================
快適なカラダは
代謝が高く余分な脂肪をためづらい
=====================
とお話ししましたが、

「動きと何が関係あるの?」

と思ったかもしれませんね。

 

実は余分な脂肪をためづらいカラダつくりと
動きは切っても切り離せないんです。

 

脂肪をためづらいカラダというと、
「筋トレで筋肉をつけましょう!」
とよくいわれますよね。

 

確かに間違いではないのですが、、、

筋肉を鍛えることばかりに目がいくと
大切なことを見落としてしまうんです。

 

それは何かというと
筋肉のバランス』です。

 

たとえば、
本や雑誌、動画で紹介されていた
エクササイズをやってみたけど、

「いまいち目的の場所に
 効いている感じがしない、、、」

こんな経験はないでしょうか?

 

女性だと、

「お尻を引き締めるエクササイズなのに
 太ももばかりに効いてしまう」

 

男性だと

「胸のエクササイズなのに
 腕ばかり効いてしまう」

 

わたし自身このような相談を
受けることがよくあります。

 

ではどうして目的の場所に
効かないのかというと、

======================
日常生活で筋肉のバランスが崩れ
使いやすい筋肉と使いづらい筋肉が
できてしまっているから
======================

です。

 

使いづらい部分はたるみやすく
脂肪もつきやすくなっています。

 

そんな気になる部分をがんばって
エクササイズで引き締めようとしても

別なところばかり使ってしまう
こんな結果になってしまいます。

 

別なところばかり使うのは、
使いやすい筋肉ができてしまっているからです。

 

このような状態だと、、
使いやすい筋肉に負担が集中するため
過労で硬くなっていきます。

 

硬くなった筋肉はコリやだるさ、痛み、
また血流が悪くなり代謝を下げる原因
にもなるのでダイエットにも悪影響です。

 

さらに一部分の筋肉が太くなることも
あるので見た目にもマイナスになります。

 

たとえば、
前ももや外側もも、フクラハギなどは、
使われすぎて過労で硬くなり、
むくみや冷え、ハリを感じると同時に
筋肉太りしている方が多い部分です。

 

また、このような方は
お尻が使いづらくなっていて
ヒップラインの崩れを
気にされている場合も多いです。

 

======================
鍛える前に筋肉のバランスを整える
======================

これが快適に動けるカラダ、
余分な脂肪をためづらいカラダ
をつくるには必要なんです。

 

ポイントは“動き”です。

 

日常生活の動き方で
知らないうちに筋肉のバランスが
崩れてしまっています。

 

こういった場合は、
正しい動きをもう一度カラダに覚えさせる
必要があります。

 

詳しくは次回!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

 

Follow me!