ダイエットでやせる思考やせない思考2

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

 

前回は

「目標へ向かう道は
 いくつもの壁がある

 壁を乗り越えるには
 “今何ができるのか?”
 と考えられることが重要」

とお話しました。

 

ただし
間違った方向へすすむ
場合もあります。

方向が間違っていては
せっかく行動しても
いつまでたってもゴールには
到達できません。

 

今回から
ダイエットに失敗する
7つの思考パターン

をご紹介します。

 

間違った方向に
すすまないためにも
ぜひご覧ください。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
1.簡単にやせる方法を探している
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

簡単に」「楽に

雑誌やテレビ、
インターネットの広告には、
この言葉があふれています。

 

「できれば
 楽に結果を得たい」

と思うのは少なからず
誰でもありますよね。

 

その共通心理を利用し
宣伝している商品が
世にでまわっています。

 

ただし
カラダは「楽に」「簡単に」
は変わりません

 

ここを理解していないと
いつまでたっても間違った方向
にしかすすめません。

 

また たとえ結果が出ても
“それなり”で終わってしまい
求めるゴールには到達できません。

 

野球のイチロー選手といえば
数々の記録を樹立していますよね。

そんなイチロー選手
高校時代は毎日10分の素振りを
個人練習として行なっていました。

 

365日毎日ですよ。

 

こういった積み重ねが
大きな目標につながっているのです。

 

 

甘い言葉に惑わされないで下さい

 

「楽に」「簡単に」を
求める思考を捨てた人が
ゴールへ一歩踏み出せるのです。

 

 

では次回は2つ目の
『ダイエットに失敗する思考』
についてお話します。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!