ダイエットと投資4

 

 

こんにちは

さいたま市(浦和)・上尾で
パーソナルトレーニング&ピラティス
を提供している宍戸です。

今回も
ダイエットの経験を活かす方法
についてです。

経験を他の分野にも活かすには

“具体的な方法ではなく
 大きな枠組みでパターンをとらえる”

ことです。

 

今回はさらに大きな枠組みで
とらえていきましょう。

前回の“運動が続かない”を
例にみていきます。

 

まず“運動が続かない”を
もっと大きな枠組みでとらえます。

すると

「新しいことをはじめても
 なかなか続かない」

となります。

 

次に続かない理由である“家という環境”も
さらに大きな枠組みでとらえてみましょう。

すると

「今までの環境だと続かない」

となります。

 

このパターンから
“新しい環境で行う”といった方法が
考えられますよね。

この“新しい環境”という視点が非常に大切。

この視点を持つことで
選択肢の幅が一気に広がります

 

前回の選択肢の基準は
“家以外の場所で行う”でした。

しかし
“新しい環境”という視点だと
家でもよくなります。

 

たとえば

誘惑になりそうなものを
あらかじめしまっておいて
部屋をトレーニング用に整える。

また
部屋にトレーニング器具をおいて
プチジムをつくる。

このように家という環境を
新しく変えてもいいわけです。

 

さらに“環境”を
もっと大きくとらえると
場所だけではなくなります。

まわりの人を変える方法”もあります。

 

たとえば
運動している同僚に話を聞き
一緒に過ごす機会を増やす。

こんな方法もあるわけです。

 

行動や思考のパターンを
より大きな枠組みでとらえることで
選択肢の幅がどんどん広がります。

そして
さまざまな分野へ応用が利くようになります。

 

ただし
==================
じっくり自分と向き合うから
大きな枠組みでパターンをとらえられる
==================
のです。

 

「簡単に」「すぐに」といった
小手先のダイエット法をいくら実践しても
こうはいきません。

ご注意してください。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!