ダイエットは体重を落とせばよいわけではない

 

 

こんにちは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

今回は『ダイエットと体重
についてお話していきます。

 


ダイエット目的の方には
「どのくらい減らしたいですか?」
という質問を最初にしています。

ですがこの質問の回答
無理な数字の場合が多いんです。

そこで、わたしが再度計算し
身体に無理のない数字を提示し
選んでいただいています。

 


「体重は落とせば落とすほどよい」
と、思っている人がいますが
実際はそうではありません。

体重は落としすぎると
必ず身体に悪影響を与えます

 


わたしが選手時代
64kgから61kgまでの減量後
体重がほとんど戻らないことがありました。

そこで階級を下げてみることに。

ひとつ下の階級は55kgなので
64kgから考えると9kgほど
落とす計算です。

 


57kgまでは何とか落ちたのですが
そこからがきつかったです。

当時は学生だったのですが
授業を聞いていてもぜんぜん頭に入ってこない。

しかも10月ころだったのに
感じたことのない寒さを感じていました。

友達からは顔色が悪いといわれ
練習ではだんだんパワーが落ちていくし
疲れやすい。

 


最終的にはなんとか55kgまで
落ちました。

ですが、この一回きりで
もうこの階級では出ないと決めました。

理由は簡単で
体調が悪く生活に支障が出ていたし
何より弱くなっていたからです。

 


体重を落とせば落とすほど
よいわけではなく
人それぞれ適した体重があります

それを知らずに体重を落としすぎると
むしろ健康を失うことになります。

わたしの場合も、この範囲からはずれ
無理に体重を落としてしまったのです。

だから体調を崩したのです。

 


せっかくがんばってやせても
身体を壊してしまったら
悲しすぎますよね。

まずは自分がどこまで体重を
落としても大丈夫なのかを
しっかりと把握することです。

その範囲を知った上で
ゴールを決めていく。

 


ちなみに
無理に体重を減らすと筋肉を大幅に減らす
ことになります。

すると
やせても思ったより体型はよくならないし
リバウンドの危険性も非常に高くなります。

いいことないですから
お気をつけください。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

Follow me!