腹筋運動でお腹の脂肪は減るのか?2

 

 

こんにちは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

今回も
お腹まわりと腹筋運動』です

 


前回は
「腹筋運動でお腹の脂肪だけが
 目に見えて減ることはない」
とお話ししました。

では腹筋運動はムダで
効果がないのかというと
そうではありません。

やっておいたほうが
よい場合があります。

 


やせても脂肪が減りやすいところと
減りづらいところがありませんか?

実は身体の中で
脂肪が使われやすいところと
使われづらいところがあるんです。

この違いは個人差や性別が影響していますが
それ以外にもあります。

それは『血流』です

 


前回、脂肪が使われる
メカニズムを紹介しました。

その中で

「脂肪細胞内にある脂肪が
外に出て血管に入る必要がある

その後血液で運ばれ
全身のどこかの細胞で使われる」

とお話しました。

ただし
血流が悪かったら運び出される量が
そもそも少なくなりますよね。

 


そのため
お腹まわりの血流が悪いなら
筋肉を動かし血流をよくしてあげる
ことが必要です。

特にお腹の筋肉を
大きく動かすエクササイズが有効なので、
わたしもお客さまに行っていただいています。

 


ですがやりすぎて
筋肉の疲労がたまって硬くなると
逆に血流は悪くなります。

メインは全身を使うエクササイズで
補助的に行うのがオススメです。

お腹の脂肪が落ちづらい人は
特にオススメですよ!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方は以下をご覧ください

『骨格エクササイズで
引き締まった快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!