運動しないとやせませんか?2

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

前回は
「運動してなかった方が
 急に激しい運動をすると
 やせるのにマイナスになります」
とお話ししました。

この話をしていて思い出したので
今回はわたしの選手時代の話をします。

 


わたしは試合のとき
毎回5~6kg減量していました。

そんなあるとき
減量を繰り返しているうちに
不思議なことに気づいたんです。

試合後食事を戻しても
 体重があまり増えない

 


実は格闘家の中には
試合後リバウンドする方がいるんです。

見ていて明らかに
減量前より大きくなっているなあ
と思うことがありました。

1ヶ月くらいで多いと
10kg近く落としますからね
そりゃリバウンドもしますよね。

わたし自信も減量前より
増えてしまった経験があります。

 


じゃあなぜ
わたしは増えなくなったのか?

 

それは試合に向けて
カラダの状態を整えたからです。

具体的には運動量を減らしたんです。

試合前1週間くらいから量を減らし
追い込んでいたときと比べ
1/3ほどにしました。

またそれと同時に
強度も下げていきました。

 


この話聞くと大丈夫と思いませんか?

試合が近くなるにつれて
練習を減らすわけですから。

でも逆だったんです。

練習を減らすことで疲労が抜け
むしろカラダは動けるように
なっていったのです。

そして
疲労が抜け代謝の高い状態が
試合後も続いたので
食べても体重が増えなかったわけです。

 


試合での目標は“勝つこと”。

しかし
「練習=勝つ」とは限らないのです

場合によっては
練習量を減らし運動しないほうが
勝つことにつながるのです。

 


今回の話で
運動はすればするほどよい
というわけではないことが
イメージできましたか?

どれだけ運動量を増やすかよりも
自分の現状としっかり向き合うことです。

今何が必要なのか?

ダイエットの場合でも
必要に応じては運動しないほうが
よいこともあるのです。

 

特に運動してなかった方は
まず軽い運動でカラダを慣らし
これから運動していくための準備をする。

根性で無理やり運動をこなしても
次第に代謝が下がり体重が減らなくなります。

そして待っているのはリバウンド、、、

なお準備段階の運動には
3つのステップがあります。

詳しくはこちらで説明して
いますのでぜひご覧ください↓

 

元世界チャンピオンが教える
 ダイエットの真実のゴール
bit.ly/2E0ZcDX

※入力していただいたメールアドレスに
ファイルを送らせていただきます

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★パーソナルトレーニングに
興味がある方はこちらもご覧ください

『元世界チャンピオンが教える
快適なカラダつくりで
自分基準のなりたい自分へ』

http://rconditioning.com/
 

 

Follow me!