すぐやせる人・やせない人の違いとは4

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

今回も『才能』についてです。

まずは前回の復習。

「情報を活かすには処理能力が必要」

「才能のない方が処理能力を高めるには
 “目的やゴールを明確にし意識する”」

でしたね。

これを
料理を例に説明しました。

「いくら野菜や魚を選ぶポイントを
 知っていても、何をつくるのか
 明確でなければムダになる」

「◯◯をつくるという目的があって
 はじめて選ぶことに価値がうまれる」


しかし
「◯◯をつくる」は本当の目的ではない
と最後にお伝えしました。

その答えは「なぜ料理するのか」を
考えてみるとおのずと見えてきます。

 


料理する理由は

「美味しいものを食べて心を満たしたい」
「食べる人のうれしそうな笑顔を見たい」

ですよね。

つまり「◯◯をつくる」という
料理自体はただの手段で
その先にある未来の状態
本当の目的があるわけです。


もちろん「◯◯をつくる」
といった部分にフォーカスしても
うまく行く場合がありますよ。

ただし
これだと途中で壁にぶつかり
頭打ちになってしまいます。

 


トッププレイヤーでいうと
「応援してくれる人を喜ばせたい」
「お世話になっている人に恩返ししたい」
といったことが
原動力になっている方が多いです。

こういった思考ができるからこそ
モチベーションが高く
並外れた努力が可能になるのです。

また
ふつうでは思いつかないような
アイデアが生まれ
高いパフォーマンが発揮されるのです。

▼▼
=============
得たい未来を明確にする
=============

これを土台として
得たい未来に向けて
情報をどう活かせるのか?

これを考えることです。


“考える”といった部分で
参考になる書籍を紹介します。

知り合いのトレーナーのものですが
枠にとらわれずいろんなものから
ヒントを得ている部分が
非常に参考になります。

部数が限られているのでお早めに!

https://goo.gl/GmF55W

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。
★パーソナルトレーニングに
興味がある方はこちらもご覧ください

『元世界チャンピオンが教える
快適なカラダつくりで
自分基準のなりたい自分へ』
http://rconditioning.com/

 

 

 

Follow me!