ダイエットの長期的視点と短期的視点2

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

今回は
長期的視点と短期的視点
の続き。

 

ダイエットに必要な短期的視点


余分な脂肪を減らし
引き締まったカラダを手に入れるには
長期的視点が非常に重要です。

しかし
短期的視点が要らないわけでは
ありません。

短期的視点も必要なんです。

 


ただし
短期的視点が必要といっても
“短期間でやせる”ではありません。

短い期間でやせると
リバウンドが待っていますし
体調を崩すリスクも高くなります。

“やせる”を考える場合は
長期的視点で考えることが大切です。

 


では、どんなことに
短期的視点が必要なのか?

それは【カラダの反応】です。

取り組んだ結果
カラダにどんな反応がおきているのか?

これを短期的視点で
見ていくことが必要です。

 

ダイエットでうまくいかない理由


たとえば
“やせるためには
 食事で◯◯をとったほうがよい”
というのがあったとします。

ダイエットレシピなんてのもありますし
ちまたのダイエットノウハウには
よくありますよね。

しかし
これに従って食事をとっていても
うまくいきません。

なぜなら
反応を見ていないから”です。

 


“◯◯をとったほうがよい”
といわれていても
そのとおりに食事して
毎回お腹が満腹ならやせません。

これは決められた量(グラム)を
食べていても同じです。

毎回フルで食べていたら
内臓に負担をかけ
代謝は下がっていきます。

頭だけで考えていると
ここが見えないのです。

 

ダイエットの食事は短期的で反応を見る


この場合、カラダの反応を見て
食べすぎていると思ったら
減らすことが必要。

人それぞれ消化できる量は違うし
同じ人でも体調などによって変化します。

そういった変化に合わせるためには
カラダの反応を短期的視点で見ることです。

食後すぐ、数時間後、次の日など
短期的視点に立ってチェックすることで
自分に必要な量がおのずと分かってきます。

 

逆にここが見えないと
「ちゃんとやっているに結果が出ない」
と落とし穴にハマりますよ。

すでにハマっていませんか?

 

では次回は
短期的視点を“運動”をテーマに
お話します。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★リバウンドしないダイエットに
興味がある方はこちらをご覧ください

『元世界チャンピオンが教える
快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!