ダイエットの問題点とは?4

 

 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

今回も
ダイエットの一番の問題
となります。

 

前回
「やせたときと同じ食事じゃないと
 キープできないのはおかしい

 食事を増やしても
 キープできないといけない」
と話しました。

その理由をお話していきます。

 

そもそも【やせるための食事】を
摂取エネルギーとして考えてみると

“摂取エネルギー < 消費エネルギー”
となります。

 

つまり
食事でカラダに入ってくる
エネルギーよりも

使われるエネルギーが多いから
脂肪が減ってやせるわけです。

 


しかし
この食事でキープできているとすると

“摂取エネルギー = 消費エネルギー ”
となります。

 

いつの間にかやせるための食事が
キープするための食事】に
なっていますよね。

 

なぜこんなことが起きるのか?

食事は同じわけですから
変わったのは“消費エネルギー”です。

 

消費エネルギーのほうが多かったのに
いつのまにか同じになっているとき
2つのことが考えられます。

 

1つ目は
運動をしなくなったか減らした

ただし
運動の消費エネルギーは
そこまで多くないので
長時間運動していた人に当てはまります。

 

2つ目は
基礎代謝が下がってしまった

これが原因として一番考えられます。

やせて筋肉が減ってしまったり
防衛反応が強くおきていると
基礎代謝が下がります。

 

しかもこの状態が進むと
リバウンドまっしぐら、、、

かなり危険な状態なんです。

 


だからやせた後
食事を増やしてもキープできる
 状態でないといけない

“摂取エネルギー < 消費エネルギー”

でやせたのですから
食事を増やし摂取エネルギーを増やすことで
はじめてイコールとなりますよね。

 

しかしこれが成り立たず
運動もやめていないのなら
基礎代謝が下がっています

つまり
太りやすいカラダになっているわけです。

これでは
元に戻るかリバウンドします。

 

ではどうすればいいのか?

続きは次回!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

★リバウンドしないダイエットに
興味がある方はこちらをご覧ください

『元世界チャンピオンが教える
快適なカラダつくり』
http://rconditioning.com/

 

 

 

 

Follow me!