日本の勝利とダイエットの大切な視点

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

ワールドカップ
日本の勝利でわいていますね。

奇跡の勝利”とも
いわているみたいです。

 

この勝利について
あるコメンテーターのお二人が
次のような話をしていました。

 

「奇跡ということは
 最初から勝てないと思って
 いたんでしょうね」

「奇跡といって欲しくない」

 

この2つ言葉には
カラダづくりをはじめ
何かを成し遂げるために
重要な視点がかくされています。

 

まず1つ目の

「奇跡ということは
 最初から勝てないと思って
 いたんでしょうね」

これはおっしゃる通りで
よくあることなんです。

 

強豪を分析していくと
むしろ勝てない理由を
どんどん探していく。

すると負けて当たり前
勝ったら奇跡という話になる。

しかし
どんな相手だとしても
勝つ確率は絶対にある

そこに目を向けていたら
こういう話にはならないわけです。

そう考えると2つ目の
「奇跡といって欲しくない」
は逆の視点。

勝てると思っていたからこそ
“奇跡”という言葉に
嫌悪感があるわけです。

 

この視点はカラダづくりでも
非常に重要。

 

たとえば
うまく体重が減っていて
落ちなくなると
やせない理由を探しはじめます。

するとしまいには

「うまくいっていたのはまぐれ
 前だってそうだった
 どうせわたしはやせない、、、」

と過去まで持ち出し
やせない自分にどっぷり
引き込まれていきます

 

何ごともそうですが
うまくいかないことは
絶対にでてきます

しかしそのとき
どこにフォーカスするかで
結果は全く変わってきます。

ものごとには必ず
プラスとマイナスの両面がある

100%マイナスはありえないのです。

視点を変えたときに
突破口がみつかります。

 

日本代表には
“奇跡の勝利”という言葉
に惑わされて欲しくないですね。

「勝って当たり前」
と思っていたのならよいのですが。

この視点の違い分かりますか?

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ただいま岩槻クラス
グループレッスン無料体験受付中!

※詳しくはこちらをご覧ください
bit.ly/2J5H3KK
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

 

Follow me!