あなたはダイエットで勝ちグセ、それとも負けグセ?

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

昨日はサッカーワールドカップの
日本の勝利を題材に

「視点の違い、つまり捉え方で
 結果は全く変わってくる」

とお話しました。

 

今日もこのテーマで書いていきます。

 

同じような話でスポーツの世界には
勝ちグセ、負けグセ』という
言葉があります。

 

たとえば
あまり強くなかった選手が
ある勝利をきっかけにどんどん強くなり
次々と勝利を積み重ねていく、、、

こういうのが勝ちグセと言われます。

 

ではこの選手が弱かったかというと
そういうわけではありません。

元々能力はあったのですが
うまく発揮できていなかっただけ。

それがひとつの勝利をきっかけに
自分の力が出せるようになったので
勝てるようになったのです。

 

これと逆パターンもあります。

 

練習では強いんだけど
なぜか試合では負けてしまう。

しかも
いつもいいところで負ける。

これは負けグセのパターン。

能力はあるんだけど、負けをきっかけに
自分の力をうまく出せなくなっているのです。

 

実はわたし
このパターンを経験したことがあります。

 

ブラジリアン柔術をはじめて
一年ちょっと経ったくらいに
トーナメントに出場しました。

いつも上のクラスの
日本トップ選手と練習していたので

まわりからは“負けるはずがない”
といわれていたのです。

 

しかし結果は一回戦負け。

 

しかも
全くいつものように動けず敗北。

力を出す前に
いいところなく負けました。

あのときは落ち込みましたね(^^;

 

それから
ワンマッチの試合に出ることに。

なんとか
この試合では勝てました。

初勝利ということもあり
まわりはよかったねと言ってくれたのですが
ある先輩は違いました。

 

「そんなもんじゃないだろ全然ダメ」
と言ってくれたのです。

わたし自身
負けた試合を引きずっていて
正直力を出せなかったので
この言葉が身にしみました。

 

そして
この言葉でスイッチが入り
切り替わったのです。

その後にでた
全日本オープンで優勝し
帯(クラス)が昇格。

上の帯でも連勝を上げ続け
次々とタイトルをとることが
できました。

 

ではわたしがいきなり強く
なったのかというと
そういうわけではありません。

みんな同じように能力はあるのです。

しかし
その力を出せるかどうかは別。

わたしはよいきっかけに恵まれ
力が出せるようになったので
結果を残せたのです。

 

これはダイエットでも同じ。

今まで失敗していると
負けグセがついています

 

すると

「わたしはきっと
 またやせないんだ、、、」

と失敗にフォーカスし
本来の能力が発揮できなくなります。

でも
本当はやせることができる能力が
すでに備わっているのです。

 

その能力を発揮するには
===============
別な視点でものごとをとらえる
===============
たったそれだけです。

 

うまくいかないのなら
今までの古い自分を捨て
新しい自分でものごとを見ましょう!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ただいま岩槻クラス
グループレッスン無料体験受付中!

※詳しくはこちらをご覧ください
bit.ly/2J5H3KK
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

 

 

Follow me!