そもそも基礎代謝と何なのか?4

 

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

今回も『基礎代謝』についてです。

 

関東は梅雨明けしたせいか
暑い日が続いています。

こう暑いとカラダが
だるくなりますよね。

しかも
だるいということは
代謝も下がっています。

 

この話をきいて

「暑いから冷たいものを食べよう!」
と思いましたか?

それとも
「暑くても暖かいものを食べよう!」
と思いましたか?

 

カラダを冷やすと代謝が下がる
なんて話もありますよね。

では正解はどちらかというと
どっちも正解!ですし
どっちも不正解

 

前回
基礎代謝の高さは一定ではなく
1日の中で変化しているとお話しました。

しかもこの変化の幅は
人によって違います。

 

ではこの幅を超えると
どうなるのか?

カラダに無理な負担がかかり
むしろ代謝は下がります。

 

実はこれは体温も一緒。

体温にもある程度の幅がありますが
その幅を超えると負担となり
代謝が悪くなります。

 

もし暑さで体温の幅を超えているときに
熱いものをとったらどうなりますか?

さらに体温が上がってしまい
余計な負担をかけますよね。

 

逆に夏でも冷房などで
体温の幅を下回っているとき
熱いものを食べた場合はどうでしょう?

体温が上がって適性な幅の中に戻るので
代謝は回復していきます。

 

体温にしろ何せよ
すべては一定ではありません

ある程度の幅の中で
変化しながら安定しています。

もしこの幅からはみ出ると
カラダに負担となり代謝が下がります。

 

「たくさん食べると太りますが
 食べなすぎだとやせなくなります」

「運動しないと太りますが
 やりすぎるとやせなくなります」

食事や運動も同じ。

つまり幅を超えると
どちらもやせないのです。

 

絶対的な方法はありません。

自分の幅=ストライクゾーンの中に
合わせることが代謝を下げない方法
なのです。

 

「わたしのストライクゾーンは?」

それはカラダの声を聴いていたら
分かりますよ。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ただいま岩槻クラス
グループレッスン無料体験受付中!

※詳しくはこちらをご覧ください
bit.ly/2J5H3KK
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

 

Follow me!