体脂肪計の数字はなぜあんなに変わるのか?

 

 

こんばんは

さいたま市・上尾・戸田で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

今回は『体脂肪計』についてです。

 

「体脂肪率が下がっている!」

と喜んだのもつかの間
次の日測ったら

「えっ1%も増えてる
 昨日運動したのにどうして?」

「体重は落ちてるのになぜ?
 これって筋肉が減ったってこと??」

そんな経験はありませんか?

実は体脂肪計の数字(体脂肪率)は
正確ではありません

だからこの数字に
一喜一憂し振り回されてはいけません。

 

体脂肪計で体脂肪率を測ると
一日の中でもかなり変動しているのを
経験したことはありませんか?

しかしこれは
ありえないことなんです

たとえば
朝より夜寝る前のほうが
1%低かったとします。

こんな変化はよくあることですが
詳しく数字でみていきましょう。

 

▼▼

体重60㎏の方の体脂肪に
1%の変化があったということは

60㎏ × 0.01(1%)= 0.6㎏

つまり600gの脂肪が減った
ことになります。

体脂肪は1㎏減らすのに
約7,200kcal必要なので
600g分の消費カロリーは

7,200kcal × 0.6(600g) = 4,320kcal

 

体重60㎏の方が、
ウォーキングを1時間行うと
約220kcal消費します。

ということは4,320kcalを
この運動に換算すると

4,320kcal ÷ 220kcal = 19.6時間

「えっ19.6時間分!!
そんなに脂肪が減るの?」

と思うかもしれませんが
ありえませんよね(^^;

しかもこれは1%の話。

もし2%減っていたのなら
ウォーキング39時間分。

もっとありないですよね。

 

▼▼

このように
体脂肪計の数字は正確ではありません。

だから変化があっても
一喜一憂してはいけないのです。

 

では
全く使えないのかといえば
そうではありません。

実は活用する方法があります!

詳しくは次回お話しますね。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓
ただいま岩槻クラス
グループレッスン無料体験受付中!

※詳しくはこちらをご覧ください
bit.ly/2J5H3KK
〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 

 

 

Follow me!