代謝を上げるカラダをまわす視点

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

「食事を減らし運動すればやせる!」

と思って実行しても
やせないなんてよくあることですよね。

なぜやせないかといえば
基礎代謝が下がっているからです。

 

このとき大切なのは
カラダをまわす”視点。

 

基礎代謝の高さを
エンジンで考えてみましょう。

 

一般的に言われる
筋肉をつけて基礎代謝を上げるは
エンジンを大きくする方法

エンジンが大きくなれば
それだけ多くのエネルギーを使いますよね。

つまり
やせやすいってことです。

 

では
“カラダをまわす”は?

カラダをまわすとは
エンジンの回転数を上げる方法

回転数が上がっても
それだけ多くのエネルギーを使います。

 

以前
筋肉はすぐにつかないのに
やせながらだとさらに難しくなる
とお伝えしました。

つまり
やせながらエンジンを大きくする
方法は非常に困難なのです。

 

そこで
“カラダをまわす”の出番。

カラダをまわすなら
やせながらでも可能です

 

しかしこの視点がないため
カラダがまわらなくなり
基礎代謝を下げている場合が
多いのです。

 

たとえばやせたいからと

「運動をガンガンこなす」
「食事をどんどん減らす」

このような方法は
カラダがまわらなくなります
(=基礎代謝が下がる)。

 

では
カラダをまわす』とは
どんな状態なのか?

食事を例に次回お伝えします。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!