進化更新

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

以前の投稿で『進化更新
という言葉を使いましたが

わたしの中で
“進化”と“進化更新”には
大きな違いがあります。

 

“進化”というと

どちらかといえば
新しいものを取り入れるイメージ。

 

“進化更新”は

今あるものを深めて
新たなものにするイメージ。

 

結果を出すことを考えたときに
特に重要なのが『進化更新の視点』です。

 

たとえばダイエット系の器具は
毎年のように新しいものが出てきます。

最近だと
スクワットマシンですかね。

 

こういったものは見た目も新しく
「これってどんな効果があるの?」
と興味が引かれることもあると思います。

でも
結果が出るかと言えば話は別ですよね。

むしろ結果が出ていないから
「今度こそは!」と
新しいものに次々飛びつくわけです

 

結果を出すために重要なのは
進化更新の視点』。

ちょっとやっても
結果が出ないなんて当たり前。

そこから深堀していく作業が
必要なのです

 

そう考えると特別な器具は必要ではなく
たとえよくあるような運動でも
深堀りしていけば結果は出るのです。

 

わたし自身
柔術という競技をやっていたときに
これを実感しました。

本場ブラジルにわたり
日本では見たことのない
新しいテクニックを
どんどん吸収しようとしました。

 

しかし
あるとき気づいたんです。

すでに知っている技を
教えてもらうほうが
何倍にも学びになると。

 

知っていると思っている技でも
改めて教えてもらうと
たくさんの気づきがあります。

その気づきを活かしていくと
さらに技の精度が上がるのです。

 

でも
新しいものを習うだけでは
浅いままの理解で終わってしまい

「いざ実践となると使えない」
そんな状況が出てきます。

 

結果を出すには
===============
すでに知っているものを深める
===============

この作業がキーとなります。

 

そのためには
“知っている”と壁をつくらず

同じものからでも
何かを得ようとする姿勢を持つことです。

 

同じことの繰り返しと思っている時点で
気づきを得られません。

でも実際は
いくらでも得られるものがあるのに。
自分で壁をつくり出し
見えていないだけなのです。

 

人のカラダは日々変化しています。

だから同じ運動を行っても
カラダの反応は全く別。

また
ちょっとしたカラダの使い方で
同じ運動でも違った反応が出てきます。

 

進化更新

同じことの繰り返しでも

「もっとよくするには?」
「何か得られるものはないか?」
という視点で取り組んでみてくださいね。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!