やせる答えを探し求める前に2

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

前回は

“何かよい方法を探す前に
まずひとつのことを掘り下げる

そのほうが結果が出る”

とお話しました。

 

このときポイントとなるのが
向き合い方』です。

 

ひとつのことを行っていると
慣れが出てきて

「今日もまた同じことの繰り返しか」
と思ってしまいますよね。

でもこういった向き合い方だと
掘り下げ深めることができません。

 

人の脳はサーチエンジン
つまりインタ―ネットの検索のような
働きを持っています。

そのため
「同じこと」「知っていること」
と思った瞬間、新たな発見はなくなり
深めることができなくなります。

 

知り合いの焼き鳥屋さんから
以前このようなお話を聞いたことがあります。

「もう何十年も毎日串打ちしているんだけど
 今でもこれだと思う発見があるんだよね」

 

この方はどうしてこのような
発見があると思いますか?

それは
同じように見えることを
毎回別なこととして
脳が処理しているから

 

言い換えると
=============
やることは同じでも
毎回違いを探している
=============
のです。

 

ではどうすれば
そんなことができるのか?

それは脳に質問を投げかけ
向き合い方を変えることです。

 

この焼き鳥屋さんの場合は

「いかにおいしい焼き鳥をつくれるか?」

このような質問を投げかけて
向き合っているので
新たな発見があるのです。

 

これをヒントに
あなたならどんな質問を投げかけ
深めますか?

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!