違ったところから見えていますか?

 

 

こんにちは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

昨日からお盆休みをいただいて
宮城に帰省しております。

埼玉より涼しいと思ったら
宮城も結構蒸し暑いですね(^^;

 

帰省してお墓参りに行き
高台から街を見下ろしてみて
あることに気づきました。

それは
今まで何回も見てきた景色も
見る場所を変えるだけで
違ったものに見えることです。

 

ここ数回
新しい答えを探し求める前に
知っていることを深める
ことの重要性をお伝えしてきました。

このとき必要となるのが
“視点を変える”ことです

 

格闘技でもそうですが、
「この技知ってる!」と思ったとたん
固定観念で新しい発見がなくなります。

そう考えると
わたしがブラジルに行き
知っている技でも新しい発見が
たくさんあると気づけたのは

教える側から“教えてもらう側”に
なったことが大きいと思います。

つまり状況が変わり
違う場所から見られたから
新しい気づきがあったのです。

 

でも状況が変わらなくても
視点を変えることはすぐにできます。

 

たとえば

「〇〇できない」と思ったら
できない理由しか見えません。

でも
「できるとしたら?」と思ったら
結果はまったく違ってきます。

 

そんなことを
炭水化物は太ると避けられているご時世に

「米を食べたほうがよい!」
と熱弁する同級生をみながら再確認しました。

さすが米どころ宮城!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!