科学的根拠の落とし穴

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

体重を減らすには

「食事を一日〇〇カロリーに抑え
 一回〇分の運動を週3回以上行う」

このような研究結果はたくさんあります。

 

確かに摂取エネルギーと消費エネルギーの
関係でいったら理論的にはやせますよね。

つまり
科学的に正しいということです。

 

しかし
さきほどのような方法を実践し
結果が出るかといえば話は別。

結果が出ない方もいます

 

でも変に思いませんか?

科学的に正しい方法なのに
どうしてやせない人が出てくるのか、、、

 

実はここに落とし穴があるんです

科学的に正しいことを求めるあまり
あるものを見失っています。

だから結果が出ない。

 

それは何かというと、、、
自分自身】です。

 

科学的根拠、理論といったものは
ひとつの参考にすぎません。

すべての人に結果が出るかと言えば
答えは“NO”。

100%はありえないのです。

 

結果を出すには
これらを自分自身に合うように
微調整する必要があります

 

でもここに気づかず
いつまでも正しい答えを求め続けると
無限ループにはまっていきます。

 

だからといって
科学的根拠や理論を無視しましょう
と言いたいわけではありません。

 

“盲目的に信じるあまり
 自分を見失ってはいけない”

と言いたいのです。

 

ダイエットをはじめとした
健康産業はここを逆手に取った
あやしいものもたくさんありますからね。

ご注意ください。

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

Follow me!