科学的根拠の落とし穴2

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

今回も
科学的根拠の落とし穴』の続きです。

 

“科学的根拠、理論といったものは
ひとつの参考にすぎない

結果を出すためには
これらを自分に合うように
調整する必要がある”

とお話しました。

これを違った角度から見ていきます。

 

科学的なデータにもとづき
食事や運動を厳密に管理して
8割の方がやせたとします。

この数字を見ると
効果が高く見えますよね。

でもよく考えてほしいのですが
2割の方はやせていない”わけです。

 

この2割をあなたならどう見ますか?

わたしなら
2割という数字の大きさの前に
自分がこの2割に入る可能性がある
ことに目を向けます。

 

ここが重要。

 

正しいことをやっていると思い
8割しか見ていないと
たとえ結果が出ていなくても
現実が見えなくなります。

しかし最初から2割に入る
つまり結果が出ない可能性もあると
考えていれば、方法以外のところに
目が行くようになります。

 

人のカラダは一定ではなく
日々変化しています。

そのため
たとえ最初は結果が出ていても
時間がたつと同じ方法では
結果がでなくなります。

 

ではどうすればいいのか?

そのときどきで軌道修正し
方法を変える必要があります。

しかし
今までの方法にしがみついていると
軌道修正することができません。

 

言い換えると
方法という細部に目が行くと
結果が出ないのです。

結果を出すためには
もっと大きな枠組みでとらえる
必要があります。

 

大きな枠組みとは
時間を長めに区切った
ながれ』のことです。

 

よいながれができていればで
結果は自然とでます。

しかし
ながれは一定ではなく
ちょっとしたきっかけで
変わることがあります。

 

この瞬間を見逃さず
すぐに手を打つことが必要。

しかし
今までうまくいってた方法に
しがみついていると、
手を打てずながれは悪い方向へ進みます。

 

これはスポーツの世界でも
よくありますよね。

有利に試合を進めていたのに
ちょっとしたことがきっかけで
ながれ変わり、ガタガタと崩れて
逆転負け、、、

そんなシーンを
見たことはありませんか?

 

結果を出すためには
ながれが必要に大切です。

でも
ひとつの方法に固執していると
ながれが変わった瞬間に
手を打つことができません。

 

「この方法は絶対に正しい!」

そんな考えを持っていると
ながれは悪くなります。

ご注意ください。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!