高い視点で考える

 


 

こんばんは
パーソナルトレーナーの宍戸です。

 

今回のテーマは
高い視点で考える』です

 

先日このようなお話をいただきました。

「甘いもの食べても太らないのは
 うらやましい、太らない体質?」

このお話に対し

「体質ではありません
 他とのバランスや食べ方です」

と答えました。

ここを掘り下げていきます。

 

まず第一に
わたしは太らない体質ではありません。

甘いものをたくさん食べれば太ります。

 

でも
同じような体格の方に比べて
多少多めに食べても太りません。

なので
わたしのマネをして食べたら
他の方なら太ります。

 

ここまで聞くと
「やっぱり体質じゃないの?」
と思うかもしれませんが
体質ではないのです。

 

体質=生まれつき

という意味が強いですよね。

でもわたしは生まれつき
太りづらかったわけではなく
小学生の時はむしろポチャッと
していました。

 

では何が違うのか?

 

もちろん筋トレで筋量を増やしたことも
ひとつの理由です。

しかしそれとは別なところに
大きな理由があります。

それは『習慣』です。

 

習慣というと食事や運動を
イメージしますよね。

しかもストイックに管理し
節制しているように
思ったのではありませんか?

 

しかし
節制とは全然違うのです。

もっと高い視点で
食事や運動をとらえています

 

わたしが習慣としているのは
カラダをまわす(=代謝をよくする)
ことです。

 

これを“快”と感じるので
それに必要な食事や運動を
自然と選択しています。

逆にカラダがまわらなくなると
不快と感じるので
すぐに手を打とうとします。

 

だから
甘いものを食べようが
人より多く食べようが
体型を維持できているのです

 

ここまでの話を聞いて
節制とは違うことが分かりますか?

やせるために食事や運動を
管理しているわけではないのです

 

この感覚が分からないと
たとえやせても管理し続けることが
必要となります。

しかし人間は機械ではないので
管理し続けるとやがてひずみが
生まれます。

そして
このひずみが大きくなり
最終的には元に戻るかリバウンドです。

 

ではどうすればいいのか?

それは
高い視点で考える』ことです。

 

長くなったので続きは次回!

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!