高い視点で考える2

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

今回は
高い視点で考える』の続きです。

 

高い視点で考えるとは
ものごとを別な次元でとらえることです

 

例をあげて説明します。

スポーツの世界で
ウエイトトレーニングについて
しばしば2つの意見で議論される
ことがあります。

 

「ウエイトトレーニングで
 筋力をつけたほうがよい」

という意見と

「ウエイトトレーニングは
 動きを悪くするのでやらないほうがよい」

という意見です。

 

確かにウエイトトレーニングで
筋力をつけたほうが強くなりそうですよね。

でも
一部の筋肉に負荷をかけるような
ウエイトトレーニングは動きが悪くなるのも事実。

 

ではどちらが正解なのか?

 

実はウエイトトレーニングという視点で
考えていたら答えは出ません。

そこで高い視点から
このテーマを見ていきます。

具体的には
競技パフォーマンスを上げ試合で勝つ
という視点です。

すると答えが見えてきます。

 

筋力が足らないなら
ウエイトトレーニングで
筋力アップさせるべきです。

ただし
ウエイトトレーニングのような動きは
競技とは真逆なので動きが悪くなる。

そのため試合に近づくにつれて
全身を使って動くようなトレー二ングに変える。

 

このようにすれば
ウエイトトレーニングで養った筋力を
試合に活かすことができます。

 

ただしこれだけで
試合で勝つことはできません。

さらに視点を上げて考えると
戦略や戦術といった他の部分も
必要となります。

 

このように視点を変えると
まず試合で勝つというゴールがあって
そこから今の自分を見ると
足らないものが見えてきます。

そこで
ゴールへ至るまでのストーリーを描き
必要なものを順番に配置していく。

 

このように考えてみると
ウエイトトレーニングについての
2つの意見はどちらも正解なのです。

 

視点を上げることで
別な次元からものごとをとらえることができます。

すると
答えが〇か×かしかなかったところに
それらを包括した第3の答えがでてきます。

 

アインシュタイン博士も

“いかなる問題もそれをつくりだしたときと
同じ意識レベルでは解決することはできない”

と言っています。

 

高い視点で考える

何か問題に直面したときに
ぜひ思い出してくださいね。

 

では次回は

「甘いものを食べたいけど食べると太る、、、
どうやってやせればいいの?」

といった問題を別な次元から考えてみます。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!