運動してもやせない理由2

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日も『運動』についてです。

 

“運動しているのに全然やせない”

その理由は以下の3つです。

1)運動 2)食事 3)疲労

 

今回は2つ目の『食事』に
ついてお話していきます。

 

2)食事

運動しているのにやせない理由として
「運動したから食べても大丈夫」
という思考があります。

このように考えていると
食べ過ぎ”てしまうのです。

しかし
運動自体の消費エネルギーが
思ったよりも小さいので
食べ過ぎだといつまでもやせません。

 

たとえば
体重60㎏の方が、
ウォーキングを30分行うと
約110kcal消費します。

110kcalというと
ペットボトルのスポーツドリンク1本ほど。

 

運動後に1本飲んだら
動いた分は帳消しに、、、

さらにそこに「食べても大丈夫!」
とたくさん食べたら
やせないどころか太っていきます。

 

では
「運動したから食べても大丈夫」
はありえないのかというと
そんなことはありません。

アスリートなみの
ハードな運動を長時間こなせれば
ありえます。

 

たとえば
アスリートの中には食事の回数を増やして
わざとたくさん食べている方がいます。

なぜそんなことをするのかというと
普通に食事を摂っているだけでは
エネルギーが足りないからです。

するとどうなるのかといえば
食事を増やさないと
やせていってしまうのです。

 

ここまで読んで

「なんだハードな運動をこなしたら
 食べてもやせるんだ!」

と思うかもしれませんが
ちょっと待ってください。

普通の方が
アスリートなみの運動を
こなせすこと自体が
非常に難しいのです。

まず強度に耐えられないし
運動時間を確保することにも
無理があります。

 

ちなみにアスリートで
引退後に太る方が多いです。

なぜ太るのかというと
現役時代の運動をキープ
できないからです。

運動が減ったのに
食事は以前のままだから太るわけです。

 

では
アスリートができない方法を
普通の方ができると思いますか?

よく考えてみたら分かりますよね。

 

運動だけに依存した方法は
やせるのが非常に難しいです。

「運動したから食べても大丈夫」
まずはここを見直していきましょう。

運動だけでなく食事を変えることで
スリムなカラダを手に入れることができます!

 

では次回は食事編の続きとして
「運動したから食べても大丈夫」
にひそむもう一つの問題をお伝えします。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

Follow me!