運動してもやせない理由3

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

“運動しているのに全然やせない”

その理由として
「運動したから食べても大丈夫」
と考えてしまうことがあります。

 

これを別な面から見ていくと
============
食べたいから運動する
============
という思考が隠れています。

 

実はこの思考で運動をはじめると
太るパターンにおちいってしまうのです。

 

「食事は変えずに
 なんとかしてやせたい」

このように思う方は多いですよね。

するとたくさん食べた分を
運動で消費しようとします。

 

しかし
前回お話したように
運動で消費されるエネルギーは
思ったよりも小さいのです。

そのため
たくさん食べた分を
カバーすることはできません。

 

この事実を知らないと

「運動したから食べても大丈夫!」

とむしろ以前よりも食べてしまい
やせるどころか太ってしまうのです

 

「運動をはじめたら
 ご飯がおいしくなって太ってしまった、、、」

このような結果になる方がいますが
こういった思考が原因なのです。

 

また他の原因として
運動の内容によっては食欲が不安定になる
ことがあります。

つまり
食欲が安定せずに食べ過ぎてしまうのです。

特に激しい運動は
食欲を不安定にすることがあるので
注意が必要となります。

 

ただし運動の内容以前に
やはり食べても大丈夫といった思考が
やせないまたは太ってしまう根本的な原因です。

 

「運動したら食べても大丈夫」
「食べたいから運動する」

こういった思考は
一見今までのように食べることが
前提のようですが真実は違います。

 

「たくさん食べたい!」
「好きなだけ食べたい!」

実はこのような思考が
心の奥で前提となっているので
食べ過ぎを助長するのです。

 

もちろん
代謝の高い太りづらいカラダをつくれば
多少多く食べてもスリムなカラダは
キープできます。

 

しかし限度があります。

どんなに代謝の高いカラダを手に入れても
際限なく食べていれば太ります。

運動したらどんなに食べても大丈夫
なんてことはないのです。

 

まずはこの考えを捨てましょう!

 

でも
がっかりしないでください。

 

無理に制限するのではなく

食事を楽しみながら
 スリムなカラダをキープする

このような状態でしたら
手に入れることはできます。

 

もちろん
数ヶ月といった短い期間ではなく
時間がかかりますがね。

じっくり取り組んだからこそ
手に入れられるのです。

 

では次回は
3つ目の疲労についてお伝えします。

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!