知識は結果を出すとは限らない3

 

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

今回は『知識と結果』を
別な角度から見ていきます。

 

「知識は必ずしも
 結果につながらない」

とお話してきましたが
知識がむしろ結果を妨げる
ことがあります。

「間違った知識ですか?」

と思うかもしれませんが
むしろ正しいといわれている
知識の方が足を引っ張るのです。

 

たとえば
「食事を〇〇カロリーに抑えることで
 体重を減らすことができる」
という知識があったとします。

この通りに実践しても
やせなかったり
最初はやせても次第に結果が
出なくなります。

 

なぜか?

==============
カラダの反応に
目を向けていないから
==============
です。

 

人は機械ではありません。

ボタンを押せば
毎回同じ反応を起こすわけでは
ないのです。

 

「そりゃそうだよ」

と思うかもしれませんが
いざ自分のカラダづくりになると
ここが見えなくなるのです。

そして
「〇〇をすればやせる」
とその方法にとらわれ
カラダの反応を無視していきます。

こうなってしまうと
結果が出ないのです。

 

たとえば先ほどの例にあった
食事を〇〇カロリーに抑えたとしても
それがカラダに合っているかどうかは
分かりません。

 

同じカロリーでもカラダにとって
少なすぎれば代謝が下がり
やせなくなります。

またカロリーを抑えた食事でも
体調によっては消化・吸収が
こなしきれない(多すぎる)
場合もあります。

この場合も代謝が下がりやせません。

 

カラダに合っているかどうか
を判断するには

================
カラダの声(反応)に耳を傾ける
================
ことです。

 

カロリーが少なすぎれば
強い空腹感として表れますし

消化がこなしきれなければ
お腹が重くなります。

 

こういった反応を
見ていけば分かるのです。

 

知識を得て
これが正しいと思えば思うほど
「〇〇をすればやせる!」
と方法にとらわれてしまいます。

すると
カラダの反応に目を向けなくなり
結果が出なくなるのです。

 

スリムなカラダを手に入れたかったら
自分の身体と向き合い
カラダの声に耳を傾けることですよ。

答えはひとつではないし
外側に求めても見つかりません
お忘れなく!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

Follow me!