運動で脂肪を減らすコツ!3

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

今回も
運動で脂肪を落とすコツ』です。

 


前回は

「運動でスムーズに脂肪を減らすには
 運動と疲労回復のバランスをとる

 そのためには
 カラダの声(反応)に目を向け
 疲労のきざしを読み取り
 早めに対処することが必要」

とお話しました。

 

では具体的に
どうやって対処していくのか?

 

疲労回復と言えば
運動を休むというのが
一番分かりやすいですよね。

他には睡眠を増やすなども
あります。

こういった
カラダを動かさない疲労回復法
ネガティブレスト』と呼ばれます。

 

それに対して
カラダを動かして疲労回復を
はかる方法もあります。

これは
『アクティブレスト』と呼ばれます。

 

疲労回復というと
ネガティブレストが一般的ですが
この2つをうまく使うことがポイントです。

 

たとえば
疲労で体重が落ちなくなる状態は
代謝が下がっています。

この状態になると
筋肉が硬くなっていることが多いので
動かないで休んでいるよりも
むしろ動かしたほうがよいのです。

 

動かすことで血液循環がよくなり
疲労物質の除去が促され
回復のための栄養も運ばれ
やすくなります。

 

ただし
今まで行っていた運動と
まったく同じだと余計疲労がたまり
マイナスになります。

そのため少し変化をつけて
運動を疲労回復として使います。

 

ポイントは
==============
鍛えるではなく動かすこと
==============
です。

つまり
同じエクササイズでも負荷を変えることで
トレーニングなのか疲労回復なのか
効果が変わってくるのです。

 

わたし自身も疲労がたまったときの
回復手段のひとつとして
運動によるアクティブレスト
を使っています。

 

ちなみに
特別なエクササイズが必要に
感じるかもしれませんが
“普通のエクササイズで充分”です

先ほども話しましたが
同じエクササイズだとしても
どうやるかで効果は違ってきますからね。

 

ただしここからが重要。

今回お話ししたのは
疲労回復のひとつの方法にすぎません。

実は方法よりも
もっと大切なことがあります

 

長くなったので続きは次回!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!