運動で脂肪を減らすコツ!4

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

今回も
運動で脂肪を落とすコツ』です。

 

前回は
カラダを動かさず回復を促す
ネガティブレスト』と

カラダを動かして回復を促す
アクティブレスト』について
お話しました。

この2つを組み合わせることで
効果的に疲労を回復できます。

 

ただし
こういった疲労回復法よりも
もっと大切なことがあります

 

それは
=================
疲労をためすぎないように運動する
=================
ことです。

 

わたしが現役時代
ブラジルで練習していた時に
現地の選手に次のようにいわれました。

「おまえは練習をやり過ぎている
 それはよいことではない」

 

練習はやればやるほどよい
と思っていたので
最初は理解できませんでした。

しかし理由を聞いて納得
彼は“運動と疲労回復のバランス
のことをいっていたのです。

 

運動で余分な脂肪を減らすには
疲労回復をどうするかの前に

================
どうやったら疲労をためすぎず
運動をこなせるかを考える
================

これが重要です。

 

疲労がたまりすぎて代謝が下がり
体重が落ちなくなってからでは
すでに遅いのです。

この事実に気づいてください。

 

疲労回復とのバランスのとれた
運動パターンをつくることがポイントです。

このパターンがつくれると
余分な脂肪が減って体重が落ちる
ながれをつくることができます

 

ただし
このパターンは一人一人違います。

だからこそ
カラダの声(反応)に耳を傾けながら運動し
パターンをみつけていくことが必要なのです。

答えは自分の中にしかありません

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!