自分自身にだまされない

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日のテーマは
『本当の自分』です。

 

「ここまで減ったからまあいいか」

体重が落ちてくると
途中で満足してしまうことあります。

しかし
残念ながらこういう方は
高確率で元に戻ってしまうのです。

 

なぜか?

実はその時の自分は
“本当の自分”ではないからです

 

ここを知らないでいると
いつまで経っても理想のカラダを
手に入れられません。

 

では
どうして途中で満足すると
元に戻ってしまうのか?

 

それは
================
古い自分に引き戻されているから
================
です。

 

思い出してください。

「このカラダになりたい!
 そのために体重を〇〇まで落とす」
と決意してスタートしましたよね。

 

そのときの気持ちは本気だったはずです。

なのに途中で満足しているとしたら
決意した自分はどこにいったのでしょうか?

 

ここで気がついてください。

いつの間にか決意した自分が
古い自分に入れ替わっているのです

 

途中で満足しているのは
決意した自分から見たらただの妥協。

そこに満足(=快適さ)を感じているのは
決意した本当の自分ではありません。

古い自分、以前の自分なのです。

 

これに気がつかないままだと
ちょっと体重が減っては元に戻るを
何年も何年も繰り返すことになります。

このループを抜け出し
理想のカラダを手に入れるには
食事や運動をどうするといった
表面的な話ではありません。

 

自分の根っこの部分が
いつの間にか変わっていることに
気がつくことです。

これができないと
やせては戻るの蟻地獄にはまり続ける
ことになります。

 

▼▼▼

今日のポイント
================
途中で満足しているのは
本当の自分ではなく古い自分

ここに気がつかないと
いつまでもカラダは変わらない
================

 

途中で満足しそうになったら
もう一度スタートした時の
自分になって考えてみましょう。

 

あのときのワクワク感が
途中で満足している自分にあるか?

自然と答えは見えてきます。
 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!

    次の記事

    忘れていませんか?