甘いものが食べたくなる理由

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日のテーマは
『甘いものが食べたくなる理由』です。

 

「甘いものがやめられない、
 でもやせたい、、、」

そこで
甘いものを食べるために
炭水化物を減らす方がいますよね。

でも
これだとやせないどころか
むしろ太ることもあります

 

どうしてなのか?

 

それは
=================
甘いものと炭水化物は違うから
=================
です。

 

一見どちらも糖質の多い食べ物に
感じますよね。

そのため
「甘いもので糖質を摂った分
 炭水化物は減らそう」
という思考がはたらきます。

 

しかし
甘いものの糖質と
炭水化物の糖質は違います。

 

甘いものに含まれる糖質は
特に脂肪になりやすいのです

だから
炭水化物の代わりに
甘いものを摂っていると
やせないどころか太ってしまいます

 

よく考えてみてください。

甘いのを食べたいからと
炭水化物を減らす方がいますが
そういう方に限って思うような
結果がでていませんよね

 

さらに太る理由があります。

甘いものを食べたいからと
炭水化物を減らすと
カラダが余計に甘いものを欲します

しかし
カラダが求めているのは
炭水化物に含まれる糖質なので
代わりに甘いものを摂っても
満たされません。

すると
必要なものが入ってこないので
余計に甘いものを欲するように
なるのです。

 

このようになると
甘いものをどんどん摂るようになり
余計な脂肪が増えていきます。

つまり太るサイクル
おちいってしまうのです。

 

今日のポイント
=====================
甘いものと炭水化物の糖質は違うので
炭水化物の代わりに甘いものを摂ると太る
=====================

 

炭水化物をしっかり摂ることで
カラダに必要な栄養が満たされます

すると
代謝もうまくまわりはじめるので
脂肪も燃焼しやすくなります。

 

甘いものは炭水化物の代わりには
なりません。

やせたいなら
炭水化物が主で甘いものはたまに
くらいがちょうどよいです

炭水化物をしっかり摂りましょう

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!