太らないのは運動しているから?

 

 

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日のテーマは
『太らない理由』です。

 

わたしは

「そんなに食べても太らないのは
 うらやましいですね」

と言われることがあります。

 

確かにお昼はほぼ外食で大盛り
でも体型は維持できています。

じゃあ
食べても太らないのかと言えば
食べ過ぎていたら太りますよ。

 

つまり
わたしが特別なわけではないって
ことです。

 

ではどうして
体型が維持できているのか?

 

もしかしたら
「運動量が多いからじゃないの?」
と思うかも知れませんね。

 

たとえば
スポーツクラブのインストラクターは
1時間ほどのスタジオレッスンを
1日数本毎日のようにこなします。

かなりの運動量です。

 

しかし
わたしは1本も行っていません。

また
トレーニングは週2~3回ほどですし
1回あたり1時間もやっていません。

 

実はここに
太らないで体型を維持できる
大きなヒントがあります。

 

先ほど
運動量が多いからと思ったのは

「運動量をこなしているから
 たくさん食べてもOK」

という思考があったからですよね。

 

実はこの思考だと
運動量にいつまでも依存することになり
スリムなカラダを維持・安定できないんです。

 

ここで
ちょっと考えてみてください

 

スポーツ選手はかなりの運動量です。

そのため
現役時代はたくさん食べても
引き締まったカラダのままで太りません。

しかし
引退後太る方が多いですよね。

 

なぜだと思いますか?

 

それは
運動量をこなせなくなるから
です。

 

これは選手以外の一般方も同じ。

 

運動量に依存していると
そのうちこなせなくなって
体型が維持できなくなるのです

 

もちろん
こなせる方もいるかもしれません。

しかしそれは一握りの話。

 

ほとんど方はこなせなくなり
体型が崩れます

 

今日のポイント
================
食べても太らない理由が
運動量に依存していると
やがてこなせなくなり太ってしまう
================

 

いつまでも続けられない方法を
選んでしまったら
一時的にしか体型を維持できません

 

体型を維持したかったら
運動量に依存しない
別な方法を選ぶ必要があります

 

ではどうすればいいのか?
続きは次回!

 

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!