管理に潜む落とし穴

 

 

「ついつい食べ過ぎてしまう、、、」

「それ分かる、わたしも!」

といった
できないことを後押しする言葉に
耳を貸していては一生変われません。

 

では
管理してもらい厳しく指摘されたら
いいのか?

実はここにも落とし穴があるのです。

 


こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日のテーマは
『管理の落とし穴』です。

 

「意志が弱いので
 厳しく管理して欲しい」

このような方がいますが
実は厳しい管理には落とし穴があります。

 

それは
================
たとえやせても体型が維持できない
================
ことです。

 

厳しく管理してもらうには
強い言葉で指摘されたほうが
効果は高いですよね。

 

たとえば食べ過ぎを

「食べ過ぎですよ
 どうして食べてしまうんですか!」

と強く注意されたら
確かにやめるかもしれません。

 

でも
やめた理由は“怒られるから”。

これでは自主性がありません

 

本当はやめたくないけど
怒られるのが嫌だからやめる。

こういった形でやせても
体型を維持するには
誰かに管理し続けてもらう
必要があります

こんな不自由なことはないですよね。

 

厳しく管理されれば
イヤでもやらないわけには
いかなくなります。

そして
結果が出るかもしれません。

 

しかし
管理に頼り依存していては
結局自分の根本は変わって
いないのです。

これではたとえやせても
カラダが元に戻るのは必須

 

今日のポイント
=================
厳しい言葉で管理してもらいやせても
根本が変わっていないので元に戻る
=================

 

耳触りの良い言葉では
変われない。

しかし
厳しい言葉でも変われない。
ではどうすればいいのか?

 

実は第3の方法があります。

ポイントは
“どうなりたいか?”に
フォーカスすることです。

 

もちろんわたしも
この方法で指導しています!

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!