やせた後もずっとこの運動が続くの??

 

 

 

先日レッスンで
こんなやりとりがありました。

 

わたし
「目標体重になったら
 運動量を減らしていきます」

お客さん
「ずっとこの運動を続けるのかと
 思っていました!」

 

もしかしたらあなたも
同じように思っているのでは
ないでしょうか?

しかし
やせるときと同じ運動を
続けなければいけないのは
おかしい話なのです。

もし
やせてもそんな状態だとすると
すでにリバウンドの道へ
足を一歩踏み入れています

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日のテーマは
『やせた後の運動』です。

 

やせるのとやせた後に維持するのでは
方法が異なります

なのに
やせるときと同じ方法でしか
維持できないのなら
どこかに間違いがあります。

 

たとえば運動なら
運動量を減らしても
体型は維持できるはずなのです。

変に感じますか?

理由を説明していきますね。

 

目標体重までやせるためには
カロリーバランスを
以下のようにする必要があります。

 

消費カロリー > 摂取カロリー

これを運動で実現するには
消費カロリーを多くするため
運動量を増やしていきます。

 

なのに
やせるときと同じ運動量でないと
体型が維持できないのは
いつの間にかカロリーバランスが
以下のようになっています。

消費カロリー = 摂取カロリー

 

なぜ
『消費カロリー > 摂取カロリー』
だったのが

『消費カロリー = 摂取カロリー』
になってしまうのか?

消費が多かった分は
どこに行ってしまったのか?

 

それは
基礎代謝が下がってしまったのです。

基礎代謝は消費カロリーのうちの
60~70%を占めています。

そのため基礎代謝が下がると
カラダは太りやすくなるのです。

 

基礎代謝が下がった状態で
運動を減らしたり
食事を増やしたりすると
一気に体重が増えます。

だから運動量が減らせないのです。

 

でもこの状態は
たとえ運動量を維持して
体型をキープできたとしても

すでにリバウンドの道へ
足を踏み入れているといえます。

 

今日のポイント
=================
やせるときと同じ運動をしないと
体型を維持できないのなら
リバウンドに一歩足を踏み入れている
=================

 

やせた後、運動量を減らしても
体型を維持できるように進めることが
リバウンドしないために必要です。

 

でもやせた後に
これをやろうとしても遅いのです。

最初からこの部分を考えて
取り組んでいく必要があります。

 

でも
ほとんどのダイエットには
この視点がないんですよね、、、

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

 

Follow me!