太る思考パターン

 

 

 

「飲みに行ったりして食べ過ぎると
 すぐに太るんです

 しかも全然戻らない、、、」

という方がいますよね。

 

たとえ多く食べたとしても
1~2日で戻ります。

しかし戻らないのなら
ある部分に大きな問題があります。

 

それは
思考パターン”です。

 

こんばんは

さいたま市(大宮、浦和)上尾で
パーソナルトレーニング
を提供している宍戸です。

 

本日のテーマは
『思考パターン』です。

 

食べ過ぎるとすぐに太り
なかなか戻らない方は
今まで短期的な対策を
とってきた場合が多いです。

たとえば
たくさん食べて太ったら
食べないで体重を戻す
といった感じ。

 

実はこの思考パターンが
大きな問題となっています

 

「食べないことですか?」
と思うかもしれないですが
そうではありません。

 

================
短期的視点で解決しようとする
思考パターンが問題
================
なのです。

 

短期的視点で解決しようとすると
ほとんどの場合“その場しのぎ”に
なってしまいます。

それでも最初は結果が出ますが
だんだんと効果が薄れ
後々結果が出なくなります。

 

逆に
長期的視点で考えると
根本的な対策ができるので
次に同じようなことが起きても
影響は小さくて済みます。

 

全く逆なのが分かりますか?

短期的視点は後々結果が出なくなる
つまり問題の影響がより大きくなる

それに対し
長期的視点は問題の影響が小さくなる

 

大切なのは問題だけでなく
それ以外にも目を向けること

 

たとえば食事は
1週間で21食、1ヶ月で630食です。

たくさん食べたとしても
1週間に1回なら1/21
1ヶ月に1回なら1/630。

 

それ以外のほうが
圧倒的に多いですよね。

そして
長期的視点で考えるとは
それ以外を重視することなのです。

 

長期的視点でカラダづくりを行うと
スリムになるためのプラスの効果が
どんどん積み重なっていきます。

 

そのため問題が起きても
プラスの貯金があるので
マイナスの影響が少なくて済むのです。

しかし
“食べないで体重を戻す”などの
その場しのぎは、カラダに負担をかけ
むしろ借金を積み重ねることになります。

 

だから同じ方法で
だんだん体重が戻らなくなるのです。

 

今日のポイント
=================
短期的視点でのその場しのぎは
後々問題を深刻化する
=================

 

食べ過ぎたときの
その場しのぎだけでなく

短期間ダイエットも
結局は問題を深刻化します。

 

短期間ダイエットでやせても
その後リバウンドして
やせなくなりますからね。

長期的視点”で考えてくださいね。

 

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

 

Follow me!