ストライクゾーンという視点

 

先日

必ずしも
 食べなければやせるわけではない

とお話しました。

 

これを知らないでいると

「ノウハウ通りに食事を減らしているのに
 ぜんぜん思うような結果が出ない、、、」

といった状態に陥ります。

 

もちろん
食べなければ最初はやせますが
だんだんやせなくなっていきます。

その大きな原因は
防衛反応で基礎代謝が下がるから。

 

かといって
食べていてやせるかと言えば
答えはNOです。

必要以上に食べていたら
いつまでたってもやせません。

 

ここまで話を聞くと
頭が混乱してきますよね。

 

食べなくてもやせなくなる
でも、食べていてはやせられない、、、

どうすればいいのか?

 

それは
ーーーーーーーーーーーーーー
防衛反応が起きないラインで
食事を進めていくこと
ーーーーーーーーーーーーーー
です。

 

そうすれば
防衛反応で基礎代謝が下がり
やせなくなるのを防ぎながら
体重を減らしていくことができます。

 

この食事の幅を
ストライクゾーン
と呼んでいます。

 

ストライクゾーンは
人によって違います。

また
同じ人の中でも状態によって
変動しています。

 

そのため
「食事は〇〇をとればOK」
といった絶対的な答えはないのです。

 

でもダイエットの食事といえば
「〇〇をどのくらいとる」
といったことがメインですよね。

 

だから
うまくいかない人が多いのです。

なぜなら
これではストライクゾーンに
収めることができないから。

 

いままで
ダイエットの食事に取り組んで
やせなかった理由はここにあります。

「〇〇の食事をしたらやせる」
といった絶対的な方法を
探し求めるのはもうやめましょう

 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
==================
ストライクゾーンに合わせることで
スムーズに体重を落とすことができる
==================

 

 

 

Follow me!