運動で脂肪を減らすコツ!3

 

前回は

“ 疲れ過ぎはNGだが
 疲れないぐらいの運動もNG

 この間にあるストライクゾーン
 を見つけることが重要 ”

とお話しました。

 

では、どうやったら
ストライクゾーンを
見つけられるのでしょうか?

 

ストライクゾーンは
カラダと向き合う』ことで
見つけることができます。

 

カラダと向き合うとは
ーーーーーーーーーーーーー
カラダの内側からの情報に
耳を傾けること
ーーーーーーーーーーーーー

 

カラダはさまざまな声(反応)を
情報発信しています

この声に敏感になることで
疲労の“兆し”を
察知できるようになるのです。

 

重要なのは
“兆しのうちに対処する”こと。

 

つまり
疲労がたまりすぎる前に
対処することが大切なのです。

逆に
疲労がたまり過ぎてからでは
回復させるまでに時間がかかるし
その間体重も落ちません。

 

風邪を思い出してください。

 

風邪気味程度なら
暖かくしてたっぷり睡眠をとれば
治すことが可能です。

でも、風邪気味を放置し
高熱が出て動くのもきついくらいになると
そう簡単には治りません。

 

早めに対処すれば
労力も少なく、何より早く戻せるのです。

 

ちなみに疲労を見るための
カラダの声はいくつもありますが

まず大切なのは
ーーーーーーーーーーーーーー
繰り返し耳を傾けること
ーーーーーーーーーーーーーー

 

毎日毎日
カラダの声に耳を傾けることで
よい時と悪い時の違いが分かる
ようになります。

 

こうやってカラダと向き合ってこそ
はじめて自分のストライクゾーンが
見つかるのです。

頭で考えているだけでは
いつまでたっても分かりません。

 

非常に大切なポイントですので
お忘れなく!
 

 

今日も最後までお読みいただき
ありがとうございます。

 

 

今日のポイント
===============
カラダの声に
繰り返し耳を傾けることで
ストライクゾーンが見えてくる
===============

 

 

 

Follow me!